カテゴリ:その他( 133 )

夏こそ読みたい   トマト 潮騒

予報通りの雨
大雨警報もでています。
明日は雨あがるかしら、、 少しは涼しくなってほしい、、

晴耕雨読と称して 今日はタップリ読書を楽しみました。
まずは
志水辰夫の最後の 短編小説作品集 「うしろ姿」 七本の短編が収録されています。

e0110940_22132812.jpg


e0110940_234425.jpg

最初に書かれた「トマト」 
古くからの犯罪者仲間が中国マフィアにおそわれ、主人公も危機に陥るが 攻防し逃げ切る。戻れない故郷を思いながらも過去に別れを告げ、世間の隅っこで生きていこうと思った。
主人公がスーパーで衝動的に買ったミニトマトが このハードボイルド小説にリリシズムをプラス。
全編 社会の片隅で生きる人の哀愁が滲む作品集です。

そろそろ終わり 庭のミニトマト
e0110940_22143188.jpg
 

次は
三島由紀夫の「潮騒」を再読
NHK朝ドラ「あまちゃん」の潮風のメモリーのモチーフとなっている作品です。
e0110940_2217539.jpg


わかりやすいストーリー 美しい日本語 読後感も爽やか。
書評家 豊崎由美曰く 比喩 描写 構成 文章のセンス どれをとっても超一流 天才的に巧い小説だそうです。(このパーフェクトな作品をパロディ化した宮藤官九郎もすごい)

「その火を飛び越して来い」 潮風のメモリーでは火が蛇になってますね。
e0110940_22182994.jpg



主人公の二人(新治と初江)のみならず 脇役の島の人達の描写もうまい
千代子(燈台長の娘 容貌にコンプレックスを持っている)に シンパシーかんじました。
ここの部分 好きですね。

千代子の下駄は、ひとあしひとあし冷たい
砂に沈んだ。砂は彼女の足の甲から、またし
のびやかに流れ落ちた。だれも忙しくて千代
子に目もくれなかった。毎日のなりわいの単
調なしかし力強い渦が、この人たちをしっか
りととらえ、その体と心を奥底から燃やして
おり、自分のように感情の問題に熱中してい
る人間は、一人もいやしないのだと千代子は
思うと、少し恥かしい気持ちがした


明るい太陽 光る海 ひろがる雲一つない青空 。夏にこそ読みたい 読まねばの一冊ですね。。
by machiko11m | 2013-08-24 22:37 | その他 | Comments(0)

Xホース ため息がでちゃう

先日友人宅での花咲蟹&カラオケパーティで歌ったのは “恋のバカンス“
歌いだしは こうでしたね ♪ため息のでるような あなたの口ずけに~~♪

ザ・ピーナッツの名曲で、私のすきな真夏の曲ですが、

昨日今日の暑さはこの夏の熱い恋の歌「恋のバカンス」をもふっとばしてしまうほど、それこそ(うんざりして)ため息のでるような暑さですね。 は~~。



e0110940_20452187.jpg


通販でXホースを購入 DIYはまったく弱い私なので、セットするのに手間取り、結局おじぎちゃんに取り付けてもらいました。

e0110940_10493553.jpg


短く縮んで小さなとぐろをまいていたホースが水圧でぐんぐん伸びる様はなかなか面白く、朝夕の水撒きが楽しくなりそうです。


マルタの庭でも使用されている様子です。
e0110940_103263.jpg

マルタの庭もこの暑さですこし夏枯れ状態です
紫色のキキョウ 

e0110940_126431.jpg

ヤマシャクヤクの実
e0110940_10444532.jpg

ナデシコの種類でしょうか?
e0110940_10451294.jpg

by machiko11m | 2013-08-12 11:00 | その他 | Comments(0)

来年はテントデビュー?

八月に入りました。 不安定な天気ながら相変らず暑いです。 
すこしでも涼をと、友人と郊外の川魚屋さんへ納涼ランチに出かけました。

鹿野渋川沿いにあるお店 、つりぼりもあり、釣った魚も料理してくれます。 川遊びもできますが、大人?の私たちは 清流を眺めながら 鮎をいただきました。
川からの風が涼しくて快適、食欲アップ(鮎の塩焼を三匹も食べてしまいました。)少々夏バテ気味だった身にはうれしいプチ避暑になりました。

e0110940_20521993.jpg


e0110940_20551126.jpg

e0110940_20522410.jpg


e0110940_20531131.jpg


e0110940_20554689.jpg
e0110940_20561121.jpg
e0110940_20565824.jpg


 帰り、時間も早いので前々から気になっていた 新平ケ原公園へ鹿野からのルートで寄ってみました。
中国自動車道に添った県道9号線から南下、道脇に夏草が生い茂る道を進んでいくと川の側にキャンプができる広場とトイレや水汲み場などが設備された公園にでました。
e0110940_2102412.jpg


e0110940_2105868.jpg

何組かの家族連れなどが、テントをはったり、BBQをしていました。ここでも子供たちが川遊びをしていて、嬉しそう。数年前に参加した沢歩きはハードそのもでしたが、こんな川遊びならまたしてみたい。
来年はテントデビュー??も考ええていますが、まずは体力回復が先でしょう。
by machiko11m | 2013-08-04 21:10 | その他 | Comments(0)

YCAMDOMMUNE 初めての音

山口情報芸術センターYamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]の10周年記念祭のプログラムの一つのインスタレーション「YCAMDOMMUNE」を体験しました。

山口市の商店街 道場門前の空きビルに DOMMUNE とYCAMがドッキングしたスポットができています。DOMMUNEの開局から現在までのアーカイブから厳選したプログラムをインスタレーション展示として公開しています。

私が体験したのは DJ YOGURTさんの番組
先日来の病気もあってすこしコワゴワの音体験だったけど、うまく表現できないけど心地よい体が軽くなるような感じの音でとてもリラックスできました。あれれ 私には縁のない理解できない音楽だと思っていたのに。私 偏見もっていたのかしら
 


e0110940_21341185.jpg

e0110940_2132592.jpg


e0110940_21333682.jpg



山口の街は、日本ジャンボリー開催とYCAM十周年のイベントでにぎわっているようでした。
e0110940_21361714.jpg


e0110940_2140279.jpg

YCAM主催「LIFE by MEDIA 国際コンペティション」に入選の西尾美也さんの「PUBROBE(パブローブ)」の展示も街中に設けられてました。
e0110940_2145548.jpg


e0110940_21462386.jpg


e0110940_21531818.jpg

8月末にはJAZZ DOMMUNEがあるとか 夜の運転は疲れるけどまた行ってみたい。



by machiko11m | 2013-07-19 21:56 | その他 | Comments(0)

猫の耳  檸檬

大雨警報が発表されたり解除されたりの昨日、今日 
雨はもういいですね。

チャー君も退屈そう。
頭に黒いお山(リボン)の模様のあるチャー君
耳にも薄墨色の斑があります。
e0110940_2103779.jpg



新潮文庫の100冊 新しい試みとして 各界の著名人が心に残った一行を各作品(文庫本)の帯に記載しています

梶井基次郎の「檸檬」には 詩人アーサー・ビナードが
“猫の耳というものはまことに可笑しなものである”という 「愛撫」という作品からの一行を載せています。

e0110940_2172860.jpg

ここの部分ですね。
猫の耳というものはまことに可笑しなものである。薄べったくて、冷たくて、竹の子の皮のように、表には絨毛が生えていて、裏はピカピカしている。硬いような、柔らかいような、何とも言えない一種特別の物質である。
e0110940_2175736.jpg



鬱陶しい雨の日でしたが、檸檬爆弾の黄色と猫の耳で気分回復です。チャー君のお耳掃除でもしてあげましょう。

チャー君は耳掃除されるのが大好きで 体から力が抜け、うっとり顔になります。
by machiko11m | 2013-07-04 21:15 | その他 | Comments(0)

ブーケと指

昨日ローラン・ボーニッシュさんをひさびさにテレビで見ました。
e0110940_1118918.jpg


ブーケの作り方のレッスン 
ブーケをきれいに作るコツは、花材を同じ長さにそろえ、。手の平の長さの位置で花材を束ねると綺麗に仕上がるとか
信じられないほど大きなブーケをつくる(数年前 バラ展で実演されているのを拝見)ボーニッシュさんの手は大きくて、指もなが~い

e0110940_11202259.jpg


e0110940_11461892.jpg



詳しくはこのサイトをどうぞ http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2013/06/28/03.html

花材は アジサイ ハーブ 雑草
雑草ってなんだか大雑把な感じのわけかたです。 エノコログサ(ネコジャラシ)、コバンソウとか名前があるのにね。まあ身近な植物でブーケにもつかえますよってことでしょうか



指といえば 今読んでいる本(色彩をもたない多崎つくると、彼の巡礼の年)に6本指のくだり(駅長との話)があって 世界にはたくさんの有名人が6本指をもっていて フィクションではレクター博士が6本指と例があげられていました。

そういえば 先日見た岩合さんの「世界ネコ歩き」の中でヘミングウェイの住んだフロリダ キーウエストの猫はほとんどが6本指で、(その昔 帆船が多かったじだい猫は船中のネズミを捕るので可愛がられて ミトンのような手を持った6本指の猫達はロープも軽々と登り伝うことができたそうです)幸福の猫と呼ばれれているとか。

さて我が家のチャー君はどうでしょうか 手足は大きいのですが残念ながら6本指ではないようです

e0110940_11495757.jpg

by machiko11m | 2013-06-29 12:01 | その他 | Comments(0)

クルミ


中性脂肪高めで甘いものセーブしていますが、、雨の日はちょっと自分を甘やかして、
美味しくて時々お取り寄せしているお菓子 鎌倉紅谷のクルミっ子でティータイム

e0110940_21515262.jpg


リスの親子の包み紙が可愛い。クルミがぎっしり入っています。
e0110940_2153974.jpg


クルミと言えば
周南市の*美術博物館駐車場のサワグルミ 今年もたくさんの実をつけていましたが、
実は小さくて食べられないそうです。
e0110940_221177.jpg


e0110940_222352.jpg


*美術館では只今 出光美術館名品展「茶の風景」が開催中です。
ロビーではお茶席も設けられています。

e0110940_21592854.jpg

by machiko11m | 2013-06-26 22:13 | その他 | Comments(0)

三匹のカエル

週末梅雨の晴れ間

ペーパードライバー返上と車の運転を練習中のOjigiちゃんに付き添って(助手席で)隣町の海辺のパン屋さんへ。



しばらくぶりのお店はリニューアルされて すてきなイートインコーナーができていました。

e0110940_8325388.jpg


e0110940_8331555.jpg


お庭で咲いたバラが飾ってありました。
e0110940_833397.jpg


テラス席も気持ちよさそう。
e0110940_8345079.jpg



庭には 半夏生、 

e0110940_8343386.jpg


カエル君たち 支え合っていますね。 
e0110940_836695.jpg



三匹のカエルといえばこんなお話があります。
イソップ童話から

3匹の蛙が大きな牛乳の桶のなかに落ちてしまいました。

1匹目の蛙は、
「この桶から這い出ることはできないし、この深さでは足もつかない。
何をしてもどうせだめだ。」
と考えて、何もせずに溺れ 死にました。

2匹目のカエルは
「すべて神のお考えだ。何もしなくても結局うまくいくだろう。」
と考えて、何もしなかったので、おぼれ死にました。

3匹目の蛙は、
「これはまずいことになった。どうすればよいかわからない。」
と言いながらも、自分にできることはもがくことだけだと考えて、
ずっともがいていました。
カエルがミルクの中でもがいているうちに、
足元にバターができたのです。
カエルはバターをよじのぼって、
ひとっ跳びして容器の外へ逃げ出す事ができました。

イソップ物語には教訓や風刺をふくめた作品がおおいいのですが、このお話から 
どのような教訓をくみとることができるのでしょうか?
O型の私はまちがいなく二番目のカエルでしょう。
by machiko11m | 2013-06-24 09:17 | その他 | Comments(0)

積読本棚

今朝は朝から冷たい雨です。こんな日は読書でもと部屋を見回わすと、、紙袋に入った本
積み重ねられた本が目に入りました。
e0110940_10505167.jpg


(今年こそ読書に励むぞと年初めに誓ったはずなのに)
二月半ばで積読の高さ 30センチを越えました。
e0110940_10485543.jpg



積ん読本棚とういうしろものがあるらしい
欲しいなと通販ネットでさがすも
確実にチャー君の猫タワーになりますね。

こんな感じの本棚です。アマゾンより引用 高さはいろいろあるそうです。
e0110940_10514753.jpg

by machiko11m | 2013-02-18 10:53 | その他 | Comments(0)

美しい花がある

車の定期点検を待つ間に読んだ新聞の広告見出しに魅かれて
買った芸術新潮
e0110940_23434972.jpg


小林英雄 今年は彼の生誕111年 没後30年ということで 特集を組んでいる雑誌や本も多いようです。季刊誌「考える人」の次号(2013年春号)も彼の特集です。
e0110940_234517.jpg


今月号の「考える人」の特集は眠りと夢
その中で 眠れぬ夜のマイベスト3 というアンケートがあって、作家や詩人 芸術家などの 枕元に置く愛読書の紹介がありました。
e0110940_23474333.jpg

 高校時代 古典を教えていただいたA先生の愛読書がたしか 小林秀雄の
「無常ということ・モーツアルト」
熱心に(私達 生徒に)読むように勧めてくださったことを思い出しました。

寝つきのよい私はほとんど本読む間もなく眠りにおちてしまいますが、 
「無常ということ・モーツアルト」を枕元に置いてみましょうか 
熟睡できるでしょうか 

さて 「美しい花がある。花の美しさという様なものは無い」です。
なんだか よくわからないので手がかりもとめて ネット上をうろうろしていて読んだ

坂口安吾の教祖の文学――小林秀雄論――

曖昧さのない宮沢賢治の見た青ぞらやすきとほつた風のくだりは ジンと心にしみますね。

曖昧さは難解です。


by machiko11m | 2013-01-28 23:50 | その他 | Comments(0)

ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M
プロフィールを見る
画像一覧