2019年 08月 18日 ( 1 )

碌山美術館


夏休み後半は信州へ。

台風は免れたが、その影響で名古屋までの新幹線は激混みだった。
松本までの特急しなのは空いていた。

松本に着いて、街をすこし歩いた。信濃毎日新聞の本社が入っているビル(信毎メディアガーデン、設計は下諏訪出身の建築家伊藤豊男)一階ロビーでは松本市で開幕する「セイジ・オザワ松本フェスティバル」に合わせた「OMFフィルムコンサートの大型スクリーンが用意されていた。街中から音楽祭を盛り上げている様子がみてとれた。

Y子さんとの2人旅では初めてのレンタカーで、大糸線穂高駅近くの碌山美術館へ行った。
碌山美術館は穂高出身の荻原守衛の作品(彫刻や絵画)が展示されている美術館だ。

芸術に疎い私でも彼の名前と作品のいくつかは知っている。

宇部市役所前にあったブロンズの彫刻像「女」は彼の代表作で彫刻の街宇部のシンボル的な存在だ。中学生の時、美術の先生で担任だったK先生からこの彫刻の話をよく聞いた。

荻原守衛は若くして亡くなっている。
K先生もまた30歳という若さで突然逝ってしまった。
半世紀たって初めて訪ねた
碌山美術館。

小さな教会のような佇まいの美術館だった。胸に刻んでおきたい。

e0110940_10014920.jpg









by machiko11m | 2019-08-18 10:02 | 旅に出て | Comments(0)