2010年 12月 03日 ( 1 )

森の匂いがするリース

12月に入りました。

森の匂いがするリースです。

e0110940_23572750.jpg


e0110940_23574322.jpg



「森は生きている」 大好きな本です。
e0110940_2359152.jpg

あらすじは私が書くまでもなくよく知られたお話です。
冬の森にマツユキソウを探しにいく
森深く たき火を囲む12月の精 
一時間だけの春 
光る指輪 
わがままな女王 博士や老兵士
犬になった母子 
毛皮のシューバ 

自然への深い思いがこめられた名作です。

ロシア文学者である訳者の湯浅芳子さんは超個性的な人だったらしい
その個性を、縦横無尽に描き出した瀬戸内寂聴の「孤高の人」
読みたい、、、、  筑摩ブックサービスで注文しました。
by machiko11m | 2010-12-03 00:00 | アレンジメント教室作品 | Comments(4)