2007年 05月 10日 ( 1 )

ブルームーン



午後、ブルームーンを見に行くと、蕾が一つ、咲きかけている。うれしい。 
  庄野潤三『貝がらと海の音』より

庄野潤三の作品(老夫婦の日常生活を描いた連作エッセイ風小説)によくブルームーンの花がでてきます。
穏やかで優しい日々の中の小さな喜びの一つに、このブルームーンのバラの生育の様子が書かれています。
すこし疲れているとき彼の作品は良いですよ。緩やかさになごみます。でもエネルギーにあふれているときは本バタンと閉じてしまうかもしれません。
我が家のブルームーン 昨年購入した苗ですが育てやすい品種とあってたくさん蕾がつきました。

e0110940_2063524.jpg

e0110940_20114890.jpg

e0110940_20161089.jpg




人気blogランキングへ
に参加してみました。

クリック ↑ してみてくださいませ。他の方のブログも訪問できます。




山口ブログにも参加しました クリックお願いいたします
by machiko11m | 2007-05-10 20:11 | Comments(5)