百合子さんのユリ カサブランカ

こうしてパソコンに向っているのがよくないのか、もちろん加齢もあるでしょうが、最近老眼が進んでほんとうに本を読まなくなりました。
それでも時々気分転換にと好きな本を手にとってみます。
武田百合子の著作ははそんなときの私のオールタイムベストテンの中の一冊です。
彼女の書く簡潔平明な文章のおもしろさ、シュールさ(ものの捉えかたがとてもユニーク)、凄いです。その魅力にひきこまれます。 なぜあのような文が書けるのだろうといつも唸ってしまいますが、読むたびに元気になります。彼女の夫(武田泰淳)の友人埴谷雄高が彼女のことを[全肯定」の人と言っていましたが、そうなんだと深く納得。彼女は私の憧れの人です。

庭のカサブランカが咲きました。ユリの中の女王とも言える、純白の堂々とした大きな花と香りは、多くの人を魅了していますが 百合子さんはこのカサブランカのような人だったのでしょうか


e0110940_1412977.jpg


e0110940_1424859.jpg


e0110940_340212.jpg



人気blogランキングへ
に参加してみました。

クリック ↑ してみてくださいませ。


山口ブログにも参加しました ↑クリックして応援してくださいね
Commented by トムパパ at 2008-07-17 20:31 x
私も今年初めてカサブランカを咲かそうと球根を一つ買い、鉢で育てました。以外にもまともに咲き喜んでいます。いま玄関にこれ見よがしに置いています。
Commented by machiko11m at 2008-07-18 23:42
>トムパパ様のカサブランカは大きな花でしょうね。我が家の庭のカサブランカ毎年花が小さくなっていっていますがそれでもわすれずに蕾をつけてバラが終わって緑濃く暑苦しくなってきた庭の中に一服の清涼さを感じさせてくれてます。
by machiko11m | 2008-07-17 02:06 | モチーフは花 | Comments(2)

ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M
プロフィールを見る
画像一覧