絶滅危惧種 リュウキュウチシャノキ


知人から周南緑地公園にめずらしい木があるという話を聞いたのは6月のはじめでした。
そのときはあまり気にも留めなかったのですが新聞にもとりあげられ見学する人もふえてきたと再び聞き
周南緑地公園でかけてきました。
雨はふっていないものの蒸し蒸しする昼下がり、時間的にも夕方の散歩には早いのか広い公園には人影がなく万葉の森入り口の池もひっそりしていました。案内の看板をたよりに森の中へ。市民の憩いの森となっている公園ですので散策道はよく整備されて歩きやすく、お目当ての木もところどころに矢印のついた道案内看板があるので迷うことなくたどりつきました。

思っていたより大きく高い木で、葉や花(五月に花が咲くと案内看板にはありましたので まだ残っているかなと期待してましたが)の様子などは上をみあげてもよくわかりませんでしたが、遠く沖縄の石垣島、西表島などに自生し個体数がかぎられ絶滅危惧種に指定されているという貴重な木をまじかにみられるなんて! 梅雨のどんより気分もふっとぶ発見出会いの散策タイムでした。
                 

e0110940_21361553.jpg
e0110940_21374738.jpg
e0110940_2138599.jpg
e0110940_21384550.jpg

e0110940_95466.jpg

Commented by カクテル at 2007-06-19 13:34 x
若草町の足立龍次さんと云う方が発見されたのですね、こんな木があるとは知りませんでした。根元から二またに分かれて育つのだそうですね、もう一つ日本に一本あるかないかとされているタカサゴイヌザクラと云う木もあるそうです。私も行って見ます。
by machiko11m | 2007-06-18 21:39 | Comments(1)

ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M
プロフィールを見る
画像一覧