ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

冬の花

ピンポンと玄関チャイム
最終便で年越しそばが届きました。
宅配便のお兄さんの肩越しから外を見ると
雪が舞っていました。

積りはしないと思うけど、
明日の朝はかなり冷え込みそう。

まだまだすることは残っているけど、そんな時なぜか本がよみたくなる
今夜はこれ
美しい日本語にうっとりです。

e0110940_022617.jpg


私の読んだ新潮文庫版の表紙は ケルスティン・ティニ・ミウラの北山杉ですが
初版『古都』の口絵には、東山魁夷が文化勲章のお祝いに川端康成に贈った「冬の花」の絵が使われているそうで、その経由が本のあとがきに書かれていて興味深い。
「冬の花」というのは、『古都』の終章のタイトルでもあり、この小説の重要なモチーフの北山杉の冬の様子
 <冬は杉の葉が、ちょっと、薄いススキ色になって花みたい>

冬枯れの山にさく花  見てみたいですね。
Commented by おのけん at 2010-12-31 06:11 x
裏山は杉の林ですが (北山杉じゃないけれど) 注意してみたことは

ないですが今日見てみます
Commented by tonton at 2010-12-31 08:33 x
日本語は本当に美しいと思います、大好きで、誇れます。
雅で繊細で…、ひとつひとうに底知れぬほどの深い意味があり心に響く…、
「言霊」と言われる所以でしょうか。
machikoさんのブログで気付かされ、改めて大切にしていきたいと思いました。
ありがとうございます。
川端康成著『古都』~来年読んでみたいと思います。
☆machikoさん、どうぞ明るく心穏やかな良き新年をお迎えください(^^)/
Commented by kongu_1 at 2010-12-31 15:38
北山杉はよく床柱に使われます。天然絞丸太も使われますが、人造絞丸太が作られます。製法としては、適寸の杉丸太の立木に箸状の材料を針金などで巻きつけて、木肌の表面にシワをつけて皮をはぎ巻きつけます。そうすると柱の表面にでこぼこが出来て魅力のある柱になるようです。

Commented by machiko11m at 2010-12-31 18:56
とんとん様 寒い寒い大晦日になりましたね。新年を迎えるご準備は整われましたか?
私は今年も手抜きでさきほど ちゃちゃちゃとお蕎麦を茹でていただいて あとは紅白を見るのみ。明日の朝のお天気はどうでしょう?
初日の出が拝めるでしょうか。除夜の鐘がなるころまでには床につきたいと思っていますが さて? 
マンネリ気味のわがブログですが、とんとん様がコメントを寄せてくださるようになって
こんなつたないブログでも見てくださる人がいらっしゃるのだなと気持ちひきしめ、気持ち新たに 日々をすごすようにこころがけています。(更新やお返事は遅れますが) 来年もどうぞよろしくお願いします。よいお年をお迎え下さいませ。
Commented by machiko11m at 2010-12-31 19:05
>おのけん様 雪の大晦日になりましたね。森の杉の木は白い花が咲いているでしょう。 白い清らかな森の姿 新しい年にふさわしいでしょう。
良いお年をお迎えください。来年もよろしく お願いいたします。 M
Commented at 2011-01-01 09:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by machiko11m | 2010-12-31 00:23 | Comments(6)