お茶会


紅葉にはすこし早いようでしたが、好天に恵まれた文化の日、 もみじの茶会(光 掬星庵にて)の様子です。

e0110940_04271.jpg


お濃茶席のお花は西王母 11月は炉開き 花も格式高く。

e0110940_064595.jpg


薄茶席(立礼)のあしらいは シルクロードをイメージ。 お薄席ではリラックスして。

e0110940_082412.jpg


e0110940_09986.jpg


e0110940_0123417.jpg


e0110940_01089.jpg


e0110940_0135730.jpg


e0110940_0145258.jpg


e0110940_0153727.jpg

Commented by tonton at 2010-11-04 20:41 x
掬星庵とは星先生のお宅の一角にある庵…でしょうか。
確か風格ある空間に素敵なお庭とお茶室が~。
Mさまはソロプチにて奉仕活動もされていらっしゃるのですね、
頭の下がる思いです。
Commented by M at 2010-11-04 22:07 x
>tonton-sama いえいえ私はソロプチの会員ではありませんよ。☆先生は私のお茶の先生の先生の先生で私にとっては雲の上の方のようですが、春 秋の茶会はチャリティー茶会ですのでどなたでも(私でも)参加できますよ。それにしても☆先生のパワーはほんとうにすごい  まさしく名のとおり大きく輝く夜空の星のようです。
Commented by bitter sweet at 2010-11-09 05:10 x
薄茶席の棚に飾られた丸くてふわふわした植物・・・義母が大切に育てていた植物で、先日行った際、玄関先の鉢植えで咲き誇っていました。
こういうふうなあしらいもとても素敵ですね。
設えがとても勉強になります。
Commented by machiko11m at 2010-11-10 06:54
>bitter-sama 私もはじめて見ました。
ハエマンサス 和名をマユハケオモト(眉刷毛万年青)という植物
刷毛のようなフサフサの花 万年青に似た肉厚な葉
なるほど南アメリカ原産というのが納得のユニークな花です。お茶室お茶花につかわれるのはめずらしいかもしれませんが、カジュアルな雰囲気で楽しむお薄席ではのあしらい
亭主の心遣いがかんじられるお席でおいしい一服頂戴した秋の一日でした。

by machiko11m | 2010-11-04 00:18 | 山野草 茶花 | Comments(4)

ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M
プロフィールを見る
画像一覧