沢歩き講座 最終回 寂地峡  ミカエリソウ


沢歩き講座 最終回は寂地峡です。前回の木谷峡ほどでは在りませんでしたが今回もハードな行程でした。

寂地峡犬戻りの滝の遊歩道の終点のところから沢に入り上流に向かって沢を歩き、
その後尾根へ登り(尾根までの道のりは藪こぎ)寂地山山頂へ。
山頂まで5時間かかりました。帰路は登山道を下りました。

沢の水量はそれほど多くなく、全身濡れるということはありませんでしたが、
大きな岩がゴロゴロの沢を上流にむかって歩く行程はかなり長く、いくつもの小さな滝や堰も越えました。
登って、歩いて、はいつくばって頂上の小さな祠にたどりついたときはもうヘロへロでした。


e0110940_612969.jpg


e0110940_6271916.jpg


e0110940_6362939.jpg


寂地峡は紅葉の名勝ですが、まだ木々は青々として沢沿いや登山道で見る花は少なめでした。
寂地山山頂付近にシソによくにた花が群生していました。
帰宅後調べてみると、やはりシソ科の植物[ミカエリソウ]でした。
他 、アキノチョウジの紫の可憐な花やウグイスカグラの赤い可愛い実が目につきました。 クロモジにもちいさな実がついていました。

ミカエリソウ 
山地の林床に群生。9~10月、茎の先に細長い花穂を出し、淡紅紫色の花を多数開く。初め鱗(りん)状の包葉に覆われるが、花時には落ちる。別名イトカケソウ(糸掛草)  
                                          Yahoo百科事典より

e0110940_1251229.jpg


達成感
はじめての沢歩き(沢登り) 一言きつかった!。体力のなさ実感ですが、、すばらしい講師 スタッフの方々に助けられ励まされ、なんとかクリア?できたことはほんとうに嬉しいです。これぞ達成感です。またTmura様ご夫妻や山口、防府の受講生の方々との出会いも今回沢歩きの大きな収穫の一つです

秋は 沢から山へ。 
登山の知識・技術・心構えを身につけるべく「登山実戦講座」を受講する予定です。
Commented by ふみ猫 at 2009-09-09 09:23 x
今夏は、大冒険だったみたいですね。
写真は「満足ぅ~~」、、、、、に見えますから、ドキドキ体験も必要?!
私もガンバローーー!、また会いましょう、アドベンチャー聞かせてネ。
Commented by trz-xx at 2009-09-09 23:23 x
犬戻しの方ですかね?

山頂まで行くと、結構な距離ですね。

よく頑張りました!!
Commented by おのけん at 2009-09-10 22:12 x

全然不案内なのですが

足元は何をはいているのですか????
Commented by kongu_1 at 2009-09-10 23:03
頂上まで川はないでしょうからどのくらいまで川を登るのだろう。?
Commented by どら猫 at 2009-09-11 17:51 x
へろへろの所を見たかったですね。さぞ達成感もあったことでしょう。でも花や植物をしっかり観察してますね。
Commented by machiko11m at 2009-09-11 18:10
> ふみ猫さん みじかい夏でしたね。お元気でいらっしゃいましたか。二胡の練習に励まれていらっしゃる様子ブログで拝見しています。
また ゆっくりお茶でもいかがですか。
Commented by machiko11m at 2009-09-12 01:15
>trz-xx様 寂地山は山もいいですが沢(寂地峡)もきれいですね。木谷峡 寂地峡 長瀬峡と山口県(島根県)には美しい沢がたくさんあることを知っただけでも今回の沢歩きは大収穫 来年はもっと体力をつけて再挑戦できたらと思っています。応援ありがとうございました。trz-xx様のブログも楽しく拝見しています。また いろいろとアドバイスや新しい情報を
お願いいたします。
オフ会あるといいですね。      M
Commented by machiko11m at 2009-09-12 01:30
>おのけん様  山はいいですよ そして(たぶん)沢もいい。
今年の夏 本当に体力限界の貴重な経験をしました。(歳を考えなさいと家族や友人にいわれましたけど)

沢は滑りやすいので 沢たびを履いてあるきます。沢たびは足袋裏にフェルトを貼り付けてすべらないようになっています。
川で鮎つりなどをする人もこれを履きますので鮎足袋とも呼ばれています。
沢歩き初心者にはこれで十分ですが 沢歩き専用の靴もいろいろあるようです。沢歩きの必需装備用具は他にヘルメット ロープ などあります。
Commented by machiko11m at 2009-09-14 06:32
>kongu_1様 沢は登るにつれてだんだんと幅せまくなり水もすくなくなってきました。頂上が近いということで 地図とコンパスをたよりに尾根をめざして沢からあがりましたが、この山登りが藪こぎでぶちきつかったですよ。でもさすがリーダー のぼりつめたとこが頂上ドンピシャのところでした。
Commented by machiko11m at 2009-09-14 06:35
>どら猫様  もっと余裕があれば初秋の山の植物観察できたでしょうに
それは残念。でも山は確かに秋がきているようでした。
by machiko11m | 2009-09-09 06:34 | 里山ハイク | Comments(10)

ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M
プロフィールを見る
画像一覧