カラマツソウ   「やまくさ」表紙

かなかなとヒグラシの鳴き声も聞こえて秋は近いかもしれません。

カラマツソウ 

花が落葉松の葉の付き方ににているのでこの名前が付きました。

白い小さなボンボンのような可愛い花です。
e0110940_1135082.jpg


e0110940_11352397.jpg



高山植物なのでなかなかお目にかかれませんが、
先日さくやの庭で販売されていたのを購入しました。
山野草栽培は難しい。
いろいろネットで栽培方法を調べていたら
東京山草会のHPを見つけました。
全国数ある山野草同好会の草分け 歴史の古い山野草会です。

機関紙「やまくさ」創刊号は昭和25年発行
今年で59号発刊されています

表紙ギャラリーをのぞいてみると 創刊から24号までは
鳥取市出身の染色作家岡村吉右衛門の版画絵です。

素敵です。山野草の素朴さ、可憐さ、そして力強さがつたわってきます。

スノードロップ
e0110940_113638.jpg

アツモリソウ
e0110940_11413874.jpg

Commented by kongu_1 at 2009-08-16 23:08
カラマツソウそう云われれば秋になると小さな実がなるそうですね、それを植えるば生えるのどろうか。珍しいはなですね。
by machiko11m | 2009-08-16 11:37 | 山野草 茶花 | Comments(1)

ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M
プロフィールを見る
画像一覧