ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

9月秋の連休 山歩きを再開しました。4か月ぶりです。
夏の間 ほとんど体を動かしてないので まずは登るより歩ける山をと
ガイドブックやネット情報を参考にして決めたのが 広島県と島根県の境に位置する 雲月山(うづつきやま)

歩行距離は4キロ 標高差250mのハイキング感覚の山歩きとおもいきや
バテました。ヘロヘロになりました。
夏のブランクで体力低下もあるでしょうが、一番の原因は 暑さ
暑さ寒さも彼岸まで を信じて決行した(おおげさですね)山歩きでしたが
この日の気温は頂上でも28度 草原の山なので日陰もなく日差し強く、秋はまだ?の山歩きになりました。
リハビリ登山のつもりが
鍛錬登山になりました。

が、秋の花はたくさん見ることができてそれは大満足 やはり山で出会う花は最高にいい。


雲月山登山口 (雲月山峠駐車場)
e0110940_21402424.jpg


直登で岩倉山山頂 ここでojigiちゃんルート確認

e0110940_21444755.jpg


e0110940_21453821.jpg

高山へ急登をのぼる
e0110940_21472272.jpg


e0110940_21532337.jpg

雲月山への稜線
e0110940_2154591.jpg


e0110940_215632.jpg


山頂です。
e0110940_21583999.jpg

雲月山 911.2m
e0110940_22322113.jpg

秋の雲と夏の雲
e0110940_2219382.jpg

e0110940_22155243.jpg

下山は稜線を進んで仲の谷に下ります。途中 縦走してきた岩倉山 高山 雲月山がよく見えます。

e0110940_21593599.jpg


ヤマシロギク
e0110940_229427.jpg

マツムシソウ
e0110940_22103780.jpg

オミナエシ
e0110940_2211653.jpg

カワラナデシコ
e0110940_22134115.jpg

ワレモコウ
e0110940_2218691.jpg

ガマズミ?
e0110940_22275290.jpg

ツリブネソウ
e0110940_22282941.jpg

オタカラコウ
e0110940_22383427.jpg

by machiko11m | 2013-09-23 22:20 | 里山ハイク | Comments(2)

新旧交代 食欲の秋

20年近く使っている ルクルーゼのお鍋 先日空焚きしてしまい、
鍋の内側の琺瑯がはがれてしまいました。このまま使っても大丈夫とは思うけど 
e0110940_21271612.jpg


e0110940_21272731.jpg


新しい鍋を購入
e0110940_21312414.jpg


カレー鍋(水野仁輔さんのオリジナルカレー鍋)なのですが、今夜はこの鍋でハヤシライス(ハッシュドビーフ)を作ってみました。

e0110940_21344486.jpg



上手くできたので、次はカレーを作ってみましょう。水野さんのカレーレシピと専用木べらもついてました。

e0110940_22492391.jpg


邁進 驀進 食欲の秋 

読書の秋も忘れてはいません。ファン(私もです)待望の長篇新作
スティーヴン・キング『11/22/63』が発売されました。
この連休用にとアマゾンで注文
明日にも届くとおもうのですが、昨日宮脇書店で見かけ 買いたい気持ちを抑えるのに必死でした。

e0110940_2205264.jpg

by machiko11m | 2013-09-20 21:45 | その他 | Comments(0)
前回に引き続きポット(以前サイトウガーデンで寄せ植えを購入した時の鉢))に秋のアレンジメント

e0110940_2325136.jpg


、秋の実物は今回はローズヒップ 前回スズバラの実より大きくて色は渋い薄橙色
他 ダリア、ケイトウ、アジサイ クレマチス など

e0110940_5452046.jpg


花器の大きさに対しての花のバランスに苦心 先生に少し直していただいて(アジサイを横にもってきて全体のバランスをとって)良くなりました。

e0110940_2343791.jpg


チャー君もチェックです。

e0110940_2365612.jpg

by machiko11m | 2013-09-17 23:11 | アレンジメント教室作品 | Comments(0)
暑さのぶり返しで  9月はこれだから嫌だと 今一つ気力なしでゴロゴロしていた時 
肩のこらない読み物ないかなと手に取ったのは この一冊
「お弁当」についてのエッセイをあつめた「アンソロジー お弁当」

 池波正太郎 阿川弘之 向田邦子 吉田健一 内田百閒 など 錚々たる小説家
随筆家たち41名のお弁当についての随筆(中でも幸田文の随筆 清冽 粋な文体にしびれました)がぎっしりつまった本です。
読書の秋と食欲の秋が同時に味わえるかなとよくばりました。
e0110940_2332182.jpg


中学校 高校時代は母に
娘の幼稚園 高校通学時は私が

作ってもらったり 作ったりとお弁当歴は結構長い

お弁当箱も時代とともに変わってきました。
私の小学校時代(基本給食だったけど、時に弁当持参の時もありました)のお弁当箱はアルマイト製
蓋にきいち風の女の子の絵が描いてあったような、、(その絵が嫌いだった記憶あり)

アルマイトのお弁当の絵といえば思い出すのは、壷井栄の名作「二十四の瞳」の中での大石先生と子どもたちとのエピソードの一つ 
 

家が貧しく、友達が持って来るユリの花が描かれた弁当箱をほしがっていた松江は、満足に学校に来ることができなかった、。 「ユリの花の弁当箱を持って学校においでね。 先生待ってるからね」 といって松江に大石先生は弁当箱を差し出しす。 けれど、松江は小学校を卒業することなく奉公に出されて、そのユリの花の弁当箱を持って学校に来ることは、二度となかった


小豆島の観光名所 二十四の瞳映画村では 映画でつかわれた百合の花のお弁当箱がて展示してあるそうです。

e0110940_234398.jpg


今年の夏 猫額庭で咲いた山百合
e0110940_2342988.jpg

by machiko11m | 2013-09-16 23:07 | Comments(0)

秋色をあつめて

九月のアレンジメントは秋色を集めました。

花材は バラ トルコキキョウ ケイトウ カーネーション アジサイ スズバラの実 スカビオーサ

e0110940_21571030.jpg


花器は貫入というかひび割れがシックな風合いのハンドメイドのスリーブ付きのポット(ドマーニ 『HANOI』)
秋色との相性もよい感じです。

e0110940_2204436.jpg



今日は夏日 暑い、 秋色の山に早くのぼりたい。
by machiko11m | 2013-09-12 22:05 | アレンジメント教室作品 | Comments(0)
昨日は重陽の節句 菊の節句ともいわれますが、秋まだ浅い猫額庭には菊のすがた見当たらず、
被せ綿(きせわた)・菊湯・菊枕は 秋が深まってからというこで、

小さい秋見つけたバージョンの猫額庭

秋の七草のひとつ
萩の花

e0110940_22203662.jpg


e0110940_22211722.jpg

by machiko11m | 2013-09-10 22:24 | 庭にて | Comments(2)

蛇蝎のごとく

雨が止んだお昼すぎ郊外のガラス工房へ車を走らせました。

灰色の雲の下に青い空がのぞいています。

e0110940_23532864.jpg

工房に着いたときには青空がひろがっていました。

e0110940_23542969.jpg


e0110940_03474.jpg


工房へのアプローチの道にそった小さな渓流は先日来の雨で水量が増し
ドウドウとした流れになっていて 沢や川が好きな私はちょっと興奮(水が危険なのは沢歩きで経験済みですが)
e0110940_23554142.jpg
e0110940_23561843.jpg


e0110940_2359152.jpg

水辺に蛇が しまへびでしょうか

e0110940_0211189.jpg


今夜見たテレビ クローズアップ現代 今年33回忌を迎えた向田邦子を取り上げていました。

向田邦子さんのドラマ「蛇蝎のごとく 」


「人は誰しも、心の中に蛇のようなものを飼っている。

だから気持ちが理屈に合わないときがある。」



 蛇のようなものとは? 
by machiko11m | 2013-09-05 00:07 | その他 | Comments(0)

rain rain rain  宗旦木槿

九月に入って 雨の日が続き、いささか気分滅入りますね。

斉藤和義 Rain Rain Rain

          


夏の茶花の代表格の木槿の白い花弁も雨に濡れて溶けるように透けていきます。

e0110940_159483.jpg


底紅 一重の木槿 宗旦木槿と呼ばれます
利休の孫の宗旦が好んだことからその名がついたとか
侘び寂びの中の華やかさ 心にしみる美しさです



昨日のYahooのニュースで
市川海老蔵が主演を務めた映画『利休にたずねよ』(田中光敏監督)がカナダモントリオール世界映画祭で最優秀芸術貢献賞を受賞したとありました。

映画は12月公開だそうですが、山本兼一の原作『利休にたずねよ』


利休は言う「-わしが額ずくのは、ただ美しいものだけだ」


再読です。
by machiko11m | 2013-09-04 01:59 | モチーフは花 | Comments(0)
日曜日のお楽しみ 半沢直樹を見終わってブログ更新

八月の終わりに一泊二日で京都へ
思っていたほど暑くはありませんでしたが、猛暑でなまった身にはやはり堪える蒸し暑さ。
京都でははずせない神社仏閣めぐりも今回は下鴨神社(賀茂御祖神社)のみにして、あとは本屋をのぞいたり、カフェをはしごしたり、いずれも冷房のよくきいた所をブラブラと、、、

糺の森 原生林にかこまれた下鴨神社までの広い参道
森を流れる小川に手足をひたす人もいて、ちょっとした避暑地の雰囲気を感じながらの太古の森散策はすがすがしく、気候のわるい今年の夏をなんとか乗り越えたお礼もかねての参拝となりました。

e0110940_2321242.jpg

瀬見の小川
e0110940_2227636.jpg

e0110940_23213967.jpg

e0110940_22283978.jpg

相生社 縁結びの神様

e0110940_2322962.jpg

e0110940_22572332.jpg


e0110940_22495271.jpg

双葉葵
e0110940_22433841.jpg

カリンの古木
e0110940_22441445.jpg

お休みどころで黒豆茶と下鴨神社の名物申餅をいただきました。
e0110940_22504915.jpg

by machiko11m | 2013-09-01 23:27 | 旅に出て | Comments(0)