ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

二年越しのベストができあがりました(先生にはたくさん手伝っていただきました) 胸のアーガイル模様がアクセント 

e0110940_6352677.jpg


e0110940_6355997.jpg

朝夕だけは秋の気配を感じますが、このベストを着るにはまだまだ暑すぎます。
早く秋にならないかな。

 

午後 飛行機雲を見ました。 空もすこしだけ秋。

e0110940_6364753.jpg

by machiko11m | 2013-08-29 06:38 | その他 | Comments(0)
予報通りの雨
大雨警報もでています。
明日は雨あがるかしら、、 少しは涼しくなってほしい、、

晴耕雨読と称して 今日はタップリ読書を楽しみました。
まずは
志水辰夫の最後の 短編小説作品集 「うしろ姿」 七本の短編が収録されています。

e0110940_22132812.jpg


e0110940_234425.jpg

最初に書かれた「トマト」 
古くからの犯罪者仲間が中国マフィアにおそわれ、主人公も危機に陥るが 攻防し逃げ切る。戻れない故郷を思いながらも過去に別れを告げ、世間の隅っこで生きていこうと思った。
主人公がスーパーで衝動的に買ったミニトマトが このハードボイルド小説にリリシズムをプラス。
全編 社会の片隅で生きる人の哀愁が滲む作品集です。

そろそろ終わり 庭のミニトマト
e0110940_22143188.jpg
 

次は
三島由紀夫の「潮騒」を再読
NHK朝ドラ「あまちゃん」の潮風のメモリーのモチーフとなっている作品です。
e0110940_2217539.jpg


わかりやすいストーリー 美しい日本語 読後感も爽やか。
書評家 豊崎由美曰く 比喩 描写 構成 文章のセンス どれをとっても超一流 天才的に巧い小説だそうです。(このパーフェクトな作品をパロディ化した宮藤官九郎もすごい)

「その火を飛び越して来い」 潮風のメモリーでは火が蛇になってますね。
e0110940_22182994.jpg



主人公の二人(新治と初江)のみならず 脇役の島の人達の描写もうまい
千代子(燈台長の娘 容貌にコンプレックスを持っている)に シンパシーかんじました。
ここの部分 好きですね。

千代子の下駄は、ひとあしひとあし冷たい
砂に沈んだ。砂は彼女の足の甲から、またし
のびやかに流れ落ちた。だれも忙しくて千代
子に目もくれなかった。毎日のなりわいの単
調なしかし力強い渦が、この人たちをしっか
りととらえ、その体と心を奥底から燃やして
おり、自分のように感情の問題に熱中してい
る人間は、一人もいやしないのだと千代子は
思うと、少し恥かしい気持ちがした


明るい太陽 光る海 ひろがる雲一つない青空 。夏にこそ読みたい 読まねばの一冊ですね。。
by machiko11m | 2013-08-24 22:37 | その他 | Comments(0)
冷房を切って寝ましたが、暑くて寝苦しくて目がさめました。
一度目がさめると寝れないので、昨日のアレンジメントの写真アップ(夜中にパソコンいじっていると ドクターにしかられるのですが)

前回に引き続き、ひまわりメインのアレンジです。

e0110940_3251641.jpg



e0110940_327791.jpg

花器はアルミのパンかご (おじぎちゃん作の玉ねぎパンとトマトパン)
e0110940_938289.jpg


エッジをみせて すっきりと。

e0110940_3285881.jpg

斑入りのアイビーも暑苦しさをやわらげてくれますね。


e0110940_3355848.jpg





夏バテしらずのチャー君です。

e0110940_3331733.jpg

by machiko11m | 2013-08-21 03:46 | アレンジメント教室作品 | Comments(0)

The Last Rose of Summer

灼熱残暑に負けじと咲くバラ ベルベットレッドの オマージュ・ア・バルバラです。
夏の名残りバラというよりタフ感いっぱいの薔薇です。

e0110940_2151011.jpg



日本では「庭の千草」として知られている アイルランドの民謡 「夏の名残の薔薇」『The Last Rose of Summer』

 
初夏咲き誇っていた薔薇も散り、今は枯れた庭に過ぎ行く夏を惜しむかのようにただ一輪咲いていたバラ
 
(庭の千草ではバラではなく白菊になっていますので、微妙に雰囲気がちがう感じです)


美しいメロディーと詩

メンデルスゾーン のピアノ曲 「夏の名残のばら」による幻想曲 ホ長調はこの曲が基になっています。

また チェコのヴァイオリニスト兼作曲家のエルンストの「夏の名残のばら」も有名です。
YouTubeで探したら五嶋みどりの演奏がありましたので貼り付けておきます。
なんとエレガントな名残りバラでしょうか、、。




by machiko11m | 2013-08-17 21:12 | バラ | Comments(2)

鬼灯

日本中八月十五日暁

池田澄子句集より
e0110940_23111266.jpg


暁色のホオズキとリンドウ 8月15日のささやかな仏花です。
e0110940_2253403.jpg


この暑さ そろそろピークでしょうか 毎日のお昼寝はいつもチャー君と一緒です。

e0110940_22553468.jpg

by machiko11m | 2013-08-15 23:01 | 季節の植物 | Comments(0)
先日友人宅での花咲蟹&カラオケパーティで歌ったのは “恋のバカンス“
歌いだしは こうでしたね ♪ため息のでるような あなたの口ずけに~~♪

ザ・ピーナッツの名曲で、私のすきな真夏の曲ですが、

昨日今日の暑さはこの夏の熱い恋の歌「恋のバカンス」をもふっとばしてしまうほど、それこそ(うんざりして)ため息のでるような暑さですね。 は~~。



e0110940_20452187.jpg


通販でXホースを購入 DIYはまったく弱い私なので、セットするのに手間取り、結局おじぎちゃんに取り付けてもらいました。

e0110940_10493553.jpg


短く縮んで小さなとぐろをまいていたホースが水圧でぐんぐん伸びる様はなかなか面白く、朝夕の水撒きが楽しくなりそうです。


マルタの庭でも使用されている様子です。
e0110940_103263.jpg

マルタの庭もこの暑さですこし夏枯れ状態です
紫色のキキョウ 

e0110940_126431.jpg

ヤマシャクヤクの実
e0110940_10444532.jpg

ナデシコの種類でしょうか?
e0110940_10451294.jpg

by machiko11m | 2013-08-12 11:00 | その他 | Comments(0)
猛暑ですが、暦の上では秋がはじまりました。

いただいた暑中見舞いのハガキのお返事は残暑見舞いとかかねばならないですね。

e0110940_75271.jpg

富士山登山をされるようです.
今年の富士山 空前の人出だとか

いつかは登ってみたい富士山ですが、
私の富士山は当分これでしょう。
武田百合子 富士日記
e0110940_753345.jpg

「天然」って言葉は彼女のためにある。読むたびに気持ちがほぐれていく。
  彼女の眼を通して 私は富士を眺めていたい。

近所の公園にさいていたユリ 赤い筋がないようなのでタカサゴユリではないような

e0110940_859228.jpg
 
by machiko11m | 2013-08-09 08:59 | 季節の植物 | Comments(0)

来年はテントデビュー?

八月に入りました。 不安定な天気ながら相変らず暑いです。 
すこしでも涼をと、友人と郊外の川魚屋さんへ納涼ランチに出かけました。

鹿野渋川沿いにあるお店 、つりぼりもあり、釣った魚も料理してくれます。 川遊びもできますが、大人?の私たちは 清流を眺めながら 鮎をいただきました。
川からの風が涼しくて快適、食欲アップ(鮎の塩焼を三匹も食べてしまいました。)少々夏バテ気味だった身にはうれしいプチ避暑になりました。

e0110940_20521993.jpg


e0110940_20551126.jpg

e0110940_20522410.jpg


e0110940_20531131.jpg


e0110940_20554689.jpg
e0110940_20561121.jpg
e0110940_20565824.jpg


 帰り、時間も早いので前々から気になっていた 新平ケ原公園へ鹿野からのルートで寄ってみました。
中国自動車道に添った県道9号線から南下、道脇に夏草が生い茂る道を進んでいくと川の側にキャンプができる広場とトイレや水汲み場などが設備された公園にでました。
e0110940_2102412.jpg


e0110940_2105868.jpg

何組かの家族連れなどが、テントをはったり、BBQをしていました。ここでも子供たちが川遊びをしていて、嬉しそう。数年前に参加した沢歩きはハードそのもでしたが、こんな川遊びならまたしてみたい。
来年はテントデビュー??も考ええていますが、まずは体力回復が先でしょう。
by machiko11m | 2013-08-04 21:10 | その他 | Comments(0)