ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

一月山行きの締めは右田ケ岳 山陽自動車道、新幹線からもよく見える岩峰の山で、山口県の一番人気の山です。

e0110940_0163443.jpg


晴れて鋭い故郷の山を見直す  山頭火


今回上りは右田小学校の脇から入って天徳寺の参道から登山道に入り、石船山を経て山頂に達する天徳寺ルートでいきました 岩山を真正面から登るコースです。

e0110940_23131867.jpg


e0110940_23154014.jpg


e0110940_23173110.jpg
e0110940_23175043.jpg

同行はおじぎちゃん 山登り超ビギナーの彼女ですが、やはり若いだけあって はじめての岩山登り、ぐいぐいと難なくクリア、 楽しかったようでしたが、、案内役の私は岩にへばりつき、体が重くて足があがらない。やっとのおもいで日の丸がはためく頂上に到着しました。

e0110940_23184379.jpg


e0110940_23453536.jpg



春霞?それとも中国北京から流れてきた大気汚染? 頂上からの展望は少し霞がかっていたのは残念でした。
e0110940_23542969.jpg

e0110940_23213326.jpg



e0110940_23224168.jpg

おむすびと卵焼きなど簡単おかずのお弁当で昼食 山の楽しみの一つですね。

e0110940_23253957.jpg


帰りは別のルートで下りました。上りのコースよりはやや緩やかな道でしたが、岩場もあり、下りに弱い(上りもですが)私は 足をすべらせないようにゆっくりと塚原口まで下りました。

e0110940_23273973.jpg


晴れた暖かな春をおもわせるような日でしたが、山にとりつけられた温度計は10度とちょっと、
まだ春はすこし先のようでした。

e0110940_2339223.jpg


塚原口のお地蔵さんと五輪塔 

e0110940_0483566.jpg
 
サザンカ
e0110940_23491337.jpg




下山後 おじぎちゃんの希望で佐波川沿いのソフトクリーム屋さん(徳地 あさむらいちご園)へ。
いちごがどっさりゴロゴロのソフトクリームにびっくり その美味しさに疲れも吹っ飛びました。
e0110940_23324111.jpg

by machiko11m | 2013-01-31 23:57 | 里山ハイク | Comments(4)

美しい花がある

車の定期点検を待つ間に読んだ新聞の広告見出しに魅かれて
買った芸術新潮
e0110940_23434972.jpg


小林英雄 今年は彼の生誕111年 没後30年ということで 特集を組んでいる雑誌や本も多いようです。季刊誌「考える人」の次号(2013年春号)も彼の特集です。
e0110940_234517.jpg


今月号の「考える人」の特集は眠りと夢
その中で 眠れぬ夜のマイベスト3 というアンケートがあって、作家や詩人 芸術家などの 枕元に置く愛読書の紹介がありました。
e0110940_23474333.jpg

 高校時代 古典を教えていただいたA先生の愛読書がたしか 小林秀雄の
「無常ということ・モーツアルト」
熱心に(私達 生徒に)読むように勧めてくださったことを思い出しました。

寝つきのよい私はほとんど本読む間もなく眠りにおちてしまいますが、 
「無常ということ・モーツアルト」を枕元に置いてみましょうか 
熟睡できるでしょうか 

さて 「美しい花がある。花の美しさという様なものは無い」です。
なんだか よくわからないので手がかりもとめて ネット上をうろうろしていて読んだ

坂口安吾の教祖の文学――小林秀雄論――

曖昧さのない宮沢賢治の見た青ぞらやすきとほつた風のくだりは ジンと心にしみますね。

曖昧さは難解です。


by machiko11m | 2013-01-28 23:50 | その他 | Comments(0)

特別なアイスクリーム

冬の暖かい部屋で食べるアイスクリームは美味しいですね。

今週のグレーデルのかまどは アンコール特集 宮沢賢治の「天上のアイスクリーム」の再放送です。
e0110940_20231829.jpg


最愛の妹トシの臨終の時をうたった「永訣の朝」(切ない 泣けます)一節にでてきます。


おまへがたべるこのふたわんのゆきに
わたくしはいまこころからいのる
どうかこれが天上のアイスクリームになって
おまへとみんなとに聖い資糧をもたらすやうに
わたくしのすべてのさいはひをかけてねがふ


天上のアイスクリーム さてどんなアイスクリームが再現されるのでしょうか

モンゴメリーの「赤毛のアン」にもアイスクリームがでてきます。
日曜学校のピクニックではじめてアイスクリームを食べたアンの感想

それからアイスクリームを食べたの。
アイスクリームって言語を絶したものだわ、
マリラ。
まったく崇高なものね


いつの時代にもアイスクリームって特別な食べ物のようです。


一昨日来 風邪をひいて食欲もないのですが、熱っぽい身をやさしく冷やしてくれるアイスクリーム 美味しい。

e0110940_20311986.jpg

by machiko11m | 2013-01-24 20:35 | その他 | Comments(2)

ラテアート

一泊で東京へ
まだ雪が残る渋谷の町

e0110940_6534942.jpg

「STREAMER COFFEE COMPANY」のカフェラテ ストリーマーラテ
バリスタの見事なラテアートに感激
味は濃厚と思いきや 意外とあっさりで美味しい。
大きなカップで量もたっぷり
明るい店内 BGMはビートルズ、読書や話に邪魔にならないぐらいの音量で、居心地のよい空間でした。


e0110940_6515519.jpg


ラテアート 雪の結晶模様はできるかしら

e0110940_6525424.jpg


by machiko11m | 2013-01-20 06:58 | その他 | Comments(0)
成人の日の連休に三瓶へ行ってきました。
私の年中行事の一つ 歩くスキー、 今年は雪山登山(男三瓶山)に挑戦しました。
インストラクターは以前NHK山口の登山教室でお世話になったF先生です。
久しぶりの再会でした。
一日目 雪山での歩き方(キックステップによる歩行)や装備などのレクチャーをうけながら 三瓶青少年の家付近の森を散策し、二日目の男三瓶山登山に備えました。(すっかり忘れていたコンパスの使い方 地図の見方も再度教えてもらいました。)

e0110940_21125071.jpg


e0110940_21294935.jpg


今年の三瓶は雪が少ないということで 森の中やサイクリングロードは地面が見える所もあり、歩くスキー(クロスカントリー)に参加した人は転ぶと痛そうでした。
交流会が始まるころには雨が降りだし、翌日のコンディションが心配でしたが、
二日目の朝 部屋のカーテンを開けると、まさしく「雨は夜更けすぎに雪へと変わり、、、」の歌のよう 銀世界が拡がっていました。
e0110940_21264128.jpg

帰りのバスの時間があるので 午前中だけの山登りになりましたが、上りは
標高1126mの男三瓶山の1000m付近まで行くことができました。
苦手な下り 教えられたようにかかとで雪面をつかむ感じで足を下ろし、歩幅は小さくと試みながら下りていきましたが、、、(先生がずっと見守ってくださいましたが)なかなかハードでした。 冬山歩きは、経験豊富なF先生のような指導者なしでは行えませんので、ほんとうによい体験でした。
e0110940_2150819.jpg

e0110940_21171958.jpg

e0110940_21143290.jpg


e0110940_21194788.jpg


e0110940_21223055.jpg
e0110940_21231434.jpg





by machiko11m | 2013-01-16 21:32 | 里山ハイク | Comments(2)
山と渓谷社発行の分県登山ガイド
山口県の山 (著者は山口県在住の登山家 医師の中島篤巳先生) 
この本を参考(たより)にして 上関の上盛山へ行ってきました。
e0110940_2541381.jpg
e0110940_2542486.jpg


舗装された登山道や車道を歩くので 山道を歩くといった感じがなく、少し残念感ありの行程でしたが、明るい広葉樹の道、椿や水仙 陽だまりのタンポポ、秋の名残の野菊などの道端の花々 メジロやジョウビタキなどの小鳥の姿と 明るく静かな冬のハイクを楽しみました。

e0110940_251452.jpg


e0110940_285211.jpg


e0110940_2104973.jpg

展望台までの道はスイセンロード 花はまだ春浅く 蕾でした。
e0110940_212866.jpg


e0110940_2151932.jpg


e0110940_2161373.jpg
e0110940_2163116.jpg


e0110940_21733100.jpg


お天気良く 頂上展望台からの圧巻の360度の瀬戸の海と島々の展望には大満足

e0110940_218131.jpg

祝島 小祝島 美しい島 海

e0110940_220360.jpg


e0110940_2204470.jpg

対岸に見えるのは皇座山
e0110940_2223999.jpg

灯台をかたどった展望台の窓はステンドグラス風
e0110940_2263242.jpg


e0110940_2271062.jpg


三角点をさがしましたが見つからず、後で調べると 頂上付近の火山岩の間にあるとありました。
e0110940_239379.jpg

下山途中に立ち寄った御汗観音のユニークな佇まいにも興味をそそられました。

e0110940_2234197.jpg

ここにもステンドグラス
e0110940_22465.jpg

by machiko11m | 2013-01-12 02:43 | 里山ハイク | Comments(4)
今年初めてのフラワーアレンジメントレッスンは
ボックスフラワーアレンジメント 
ボックスはお正月アレンジで使った赤い陶器

カーネーション 小菊 スイトピー ラナンキュラスなどのフレッシュフラワーをぎっしりと挿しました。
e0110940_0584472.jpg

高低差がないボックスフラワー  赤いリボンで動きをつけて。
松の内は過ぎましたが お花のおせちのお重のようです。
e0110940_059503.jpg
 

フラワーアレンジメント 今年の 課題は?
昨年に引き続き 「立体的に生ける」でしょうか 

不遜ながら マイスタイル確立の実現にむけて
今年も「初心わするべからず」「継続は力なり」という二つの言葉を胸に
毎回のレッスンを大切にしていきたいと思っています。
by machiko11m | 2013-01-10 01:02 | Comments(0)
新春登山 宮島弥山(535m)です。

e0110940_2215393.jpg

上りは紅葉谷コースを行きました。

紅葉川沿い自然林(原始林)の中のよく整備された道をゆっくり登りました。標高535mの山ですが海抜0mよりの上りなのでかなりの距離を登ります。(所要時間 1時間半 まずは標準時間でした。)
e0110940_2123748.jpg


e0110940_236268.jpg

e0110940_2125619.jpg

e0110940_2391846.jpg

e0110940_2131096.jpg


e0110940_2133314.jpg



弥山頂上はかなりの賑わい。
e0110940_2135585.jpg


e0110940_2282068.jpg

島へ渡る前に買った”うえの”のアナゴ飯弁当(美味しい!)でお昼をいただきました。
e0110940_3463319.jpg

景色を楽しみながら食後のお茶をのんでいると 隣に座っていらした二人組の方との会話から頂上売店の裏から紅葉谷コースへ合流する道があることを知り、帰りは大聖院コースで下山予定でしたが
階段の多いコースなので、急遽このコースに変更して降りることにきめました。

このコース(下山後調べると、四宮コースという弥山頂上へ最短距離で登れるルートでした)案内板がなく、目印となる赤いテープもなく、初めての道なのですこし不安になりましたが(、地図、ナビ機能のある山アプリは携帯しています。 コンパスも一応携帯してますが 以前NHK講座でならったコンパスの使い方 忘れています )、よく踏み込まれた尾根道で、自然の木の根っこ階段を下り シダの間の狭い道をゆくルートファインディングの楽しさも味わえ、なにより人工的な石段がないのが嬉しい山道でした。
e0110940_223676.jpg


e0110940_2234029.jpg

一時間ぐらいで紅葉谷コース入口の茶屋近く 四宮神社裏に到着。
e0110940_2243220.jpg

鹿もお出迎えです。
e0110940_2322087.jpg


温泉(宮島潮湯温泉)で汗を流した後 美味しい珈琲と焼き立てもみじまんじゅうをいただき帰りのフェリーに、、、、。神の島宮島 弥山登山よい一日でした。

自家焙煎珈琲カフェ "sarasvati " 美味しい珈琲でした。
e0110940_2262394.jpg

by machiko11m | 2013-01-08 02:52 | 里山ハイク | Comments(1)
正月二日 初詣は鹿野の二所山田神社 境内の南天
赤い実が冬枯れの森の中で新しい希望の光ようです。

e0110940_10251740.jpg

フッキソウ(富貴草)別名キッショウソウ(吉祥草)
葉が常緑で株がどんどん増えていく様子を「富」、白い真珠のような果実が気品があるため「貴」を当て「富貴草」と名付けられたそうです。
e0110940_1026213.jpg


正月三日 映画 「レミゼラブル」を見に行きました 話題の映画なのか館内満員でした。

e0110940_1028734.jpg

ミュージカルの映画版ということで 全編歌だけで展開(エポニーヌ役歌上手い)、ダイナミックな映像美には目をうばわれましたが、 原作の数々の重要なエピソードの省略多しの編集に不満あり、(キャスティングにもね)

帰宅後 本棚から古い背表紙きばんだ岩波少年文庫版をとりだして
映画のストーリー展開では省かれていたお話や
個人的に好きな細部 (クリスマス前夜のテナルディエの宿屋でのコゼットの様子、、階段下のすきまにおかれたベッド、、、ミリエル司教がジャンバルジャンに用意した夕食の献立、、、水と油とパンと塩で作ったスープ、等々、、)をチェックしながら 少年版ながら上下二冊を一気に再読。

映画を見終わったあとのなんだか中途半端な感じ解消。

e0110940_10291611.jpg


 ほとんど本を読まなかった昨年ですが、今年はこの勢いですこし
本読みましょう。
by machiko11m | 2013-01-05 10:39 | 季節の植物 | Comments(2)

謹賀新年 

新年あけましておめでとうございます。

ウイーン・フィルのニューイヤーコンサートを聴きながら(指揮はウィーン国立歌劇場の音楽総監督、フランツ・ウェルザー・メスト)年賀状追加分を作成中です。 

e0110940_19285360.jpg

今朝のとおの山の初日の写真(今年は初日拝めました)を入れて印刷
干支の蛇ハンコで 2013を押すとできあがりです
e0110940_1929589.jpg


e0110940_19292929.jpg


今年も元気で明るく楽しく 皆様どうぞよろしくお願いいたします。
by machiko11m | 2013-01-01 19:45 | その他 | Comments(2)