ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

十五夜草

今年の中秋の名月は9月最終日の30日です。
 
花の時期が中秋の名月とも重なるところから
十五夜草という別名ありの菊に似た薄紫色の花のシオン(紫苑)

背丈の高い花です。

栖(すみか)より四五寸高きしおにかな 一茶

e0110940_8144841.jpg


e0110940_814065.jpg



明日の夜 お月見はできるでしょうか
台風も接近中です。
by machiko11m | 2012-09-29 08:15 | 季節の植物 | Comments(0)

小さい秋みつけた

木曜BARライブで Jazzアレンジで演奏された 「小さい秋見つけた」

郷愁をさそうすこしメランコリックになる曲ですが、 Jazz風アレンジは 小気味よく 楽しめました。

e0110940_8112638.jpg


作詞はサトウハチロー

2番 3番の歌詞が好き


おへやは北向き くもりのガラス
うつろな目の色 とかしたミルク
わずかなすきから 秋の風



むかしの むかしの 風見の鳥の
ぼやけたとさかに はぜの葉ひとつ
はぜの葉赤くて 入日色


 
秋の透明さとは対比するような くもりのガラス うつろな目の色 ぼやけたとさか 、、、
フォーカルポイントとしての 入日色の赤いハゼの葉


どうしてこんな詩が書けるのだろうか 溜息つくほど素敵です。、

今朝の我が猫額庭の ちいさな秋見つけたは

ヨメナです。

e0110940_8101697.jpg

  
by machiko11m | 2012-09-22 08:14 | モチーフは花 | Comments(0)

「鍵泥棒のメソッド」

水曜日はレディスディ  料金1000円 (水曜日でなくても シニア料金で見れますが、、)久しぶりに映画をみました。

e0110940_1243963.jpg


内田けんじ監督の三年ぶりの新作 「鍵泥棒のメソッド」

ストーリー展開テンポよく ハラハラしたり ドキッとしたり ホロリとしたり ほんとうに面白い映画でした。

 
主役の二人堺雅人 (なんといっても可笑しい)
香川照之 (どや顔もいいけど 映画前半の記憶喪失役 可愛い)
が上手くて 唸りました。

薄い体型のあひる口広末涼子もはまり役
森口瑤子も木野花も なんだか なにげに上手い

内田監督の脚本もすごいけどキャスティング大成功

ストーリーの底を流れる真面目さが気持ち良い あたりの映画でした。

映画主題歌 吉井和哉の新曲「点描のしくみ」も良かです。
 

by machiko11m | 2012-09-20 01:26 | Comments(0)

Traverl Sheet

秋の最初の連休は
一泊二日の東京旅行と叔父の法事で福山へ 台風を心配していましたが、東京への飛行機 福山への新幹線などの交通への影響はうけずにすみました。

一泊二日の弾丸東京トリップ いつものように同じ宿で同じコース(食べ歩きやショピング)とおもいきや 
今回コースはすこし変更

 山ガールに変身希望のおじぎちゃんと一緒でアウトドアショップめぐり
e0110940_2305746.jpg

彼女は明治通りのノースフェースで 速乾性の山用ウエアや
表参道キャットストリートのグレゴリーでリュックなど 購入

e0110940_18345172.jpg


e0110940_23124100.jpg



山歩きの三大必需品 雨具 リュック 靴 の内 二点は揃いました。(雨具は当座私の払い下げで我慢してもらいましょう)。
あと 靴ですね。 これはゆっくりじっくり選びましょう

ちなみに私は トラベルシーツを購入 シルクです。
山小屋のどんな寝具でもこれでお姫様気分で快適に眠れそうです。

e0110940_1946428.jpg


広げた状態はこんなふうだそうです。 軽い 重さはなんと160グラム。

e0110940_0373263.jpg


秋山登山の準備  着々とすすんでいますが 体力準備のほうが夏バテをひきずって進んでいません。
台風一過で涼しくなればいいですが、、、。
by machiko11m | 2012-09-18 00:53 | 旅に出て | Comments(0)

ニットセラピーって?

あみ物は、ひと目ひと目無心に編み続ける事に集中力が高まりリラックス効果があり、
心の癒し・脳の活性化・脳の若返り効果があるとか、

なるほど 講師のF先生がいつも綺麗でお美しいのはこれなのですね。

でも 私にはそれはあてはまらないみたい。
根気、集中力にかける私の一年がかりのベスト
いよいよ佳境 アーガーイル模様の編みこみにはいります。
e0110940_7574243.jpg


Jちゃんが作成中のかぎ針ニット
e0110940_6405742.jpg


先生の編まれた出来上がり(見本)はこのよう
e0110940_6465243.jpg

ニットマフラーのようですが
このように着ます。お洒落でしょう。
e0110940_6472432.jpg

by machiko11m | 2012-09-13 06:55 | その他 | Comments(0)

一房の葡萄

須金の葡萄が送られてきました。

立派なぶどうです。ハート型の粒も見つけて美味しくいただきました。

e0110940_7164357.jpg


葡萄といえば 中学(小学校かもしれない)の教科書に載っていたこのお話をおもいだします。

有島武郎の「一房の葡萄」

横浜の山の手にある学校 クラスメイトは西洋人 舶来物の木の箱に入った上等の固形絵の具 海の藍色 帆船の洋紅色 窓にのびてる葡萄蔓  先生の断髪 真っ白いリンネルの着物 細長い銀色の鋏、、、、、


有島武郎の優しく、丁寧な気品ある文章で描かれる世界は 
騒がしく雑多な商店街で育った私の子供時代とはかけ離れた世界で まるでファンタジーのよう

物語の中の色の描写がそれは美しい。


特に最後の章の大理石のような白い手にむらさき色の葡萄の粒が重なるところなど 対比が鮮やか 

テーマは「許し」「寛容」か?


先生は真白まっしろなリンネルの着物につつまれた体からだを窓からのび出させて、
葡萄の一房をもぎ取って、真白まっしろい左の手の上に粉のふいた紫色の房を乗せて、
細長い銀色の鋏はさみで真中まんなかからぷつりと二つに切って、ジムと僕とに下さいました。
真白い手ての平ひらに紫色の葡萄の粒が重って乗っていたその美しさを僕は今でもはっきりと思い出すことが出来ます。

僕はその時から前より少しいい子になり、少しはにかみ屋でなくなったようです。
それにしても僕の大好きなあのいい先生はどこに行かれたでしょう。もう二度とは遇あえないと知りながら、僕は今でもあの先生がいたらなあと思います。
秋になるといつでも葡萄の房は紫色に色づいて美しく粉をふきますけれども、それを受けた大理石のような白い美しい手はどこにも見つかりません





by machiko11m | 2012-09-09 07:24 | その他 | Comments(1)

秋の読書を立体的に

事前にガイドブックをじっくりよんで出かける旅は いきあたりばったりの旅より旅の収穫が多いとはかぎらないけど

本はどうかしら?


秋の読書の手引きにと斉藤美奈子の書評集「本の本」を買いました。
2008年に単行本として刊行されていたのですが、文庫化されました。
文庫版にしてもこの厚さ
e0110940_851519.jpg
e0110940_8522122.jpg


斉藤美奈子デビュー以来の14年間に書かれた書評の集大成です。
とりあげた本は700冊 著者はなんと600人をこえるとか

斉藤美奈子よると

書評はバイヤーズガイドとしてすなわち「予習」として読むより
読み終わって「復習」のためによんだほうが読書が立体的になって面白いとか。


そうか、、、 そんな(書評の)読み方もあったのね、、、と 「本の本」を読んだ私のささやかな書評


書評で選んで探す? それとも本屋の店頭で気分にまかせて

どちらにしても 読書の秋にまずは一冊の本を、よみかけの課題本(宮沢賢治)もあるのだけれど、、、、
by machiko11m | 2012-09-07 08:58 | その他 | Comments(1)
夏の暑さが残る 九月はじめのアレンジメントは

まだ青い秋をイメージしてのアレンジメント


e0110940_226863.jpg



e0110940_2271865.jpg


エアープランツとならべてみましたが、
やはりグリーン一色ではさみしいのか
おじぎちゃんからは いまひとつの評価で
チャー君も興味薄のよう


e0110940_2244199.jpg



次回はすこしはなやか秋色のお花たっぷりでいきましょう。
by machiko11m | 2012-09-05 02:28 | アレンジメント教室作品 | Comments(0)

September ♪

9月 急に涼しくなりました。 秋だ秋だ 「せぷてんばー♪」と鼻歌まじりで 鹿野まで快適ドライブ



マルタで見かけた秋の花をUP

白いギンミズヒキ と黄色いキンミズヒキ

e0110940_728191.jpg


e0110940_7283262.jpg


ミズヒキはタデ科の多年草で、
同じミズヒキの名を持つキンミズヒキはバラ科。名は似ていても全く科が違いますね。

シュウカイドウ 洋種のベコニアにはない侘びが魅力です。
e0110940_7285542.jpg

ヤブラン
夜が涼しくなると花を咲かせる 秋の到来をかんじさせる植物。
e0110940_7292644.jpg


鹿野はすっかり秋到来でしたが、夏を惜しんで 夏イチゴのかき氷をいただきました。


e0110940_7304487.jpg

by machiko11m | 2012-09-03 07:32 | 季節の植物 | Comments(2)
夏の終わりの料理教室は残暑をのりきる野菜いっぱいのメニュー。 

まずはレシピや材料 食器の選び方などの説明を聞いて (これをしっかり聞いてないと失敗します)
e0110940_5415391.jpg


前菜はパプリカのムース

色鮮やかなオレンジ色のパプリカを使います。
トッピングはコンソメジュレと野菜(オクラ トマト サーモン)の角切り なんと2ミリ角
包丁がよくきれないと つぶれてしまう 小ささです。

e0110940_59530.jpg



同じく前菜のシュリンプカクテルは 7ミリ角の海老 キュウリ トマトをナンプラーの入ったドレッシングであえます。
e0110940_5361199.jpg

e0110940_5252047.jpg

メインは鮭のコロッケ ジャガイモのかわりに長芋のマッシュで。
e0110940_571145.jpg


e0110940_5184370.jpg


サイドメニューのラタトゥーユは水や油を使わず野菜からでる水分のみで煮込みます。

e0110940_5265928.jpg



サラダは海鮮サラダ ドレシングは紫玉葱すりおろしのオニオンドレ。
e0110940_528247.jpg

 スープはかぼちゃ(くりまさる)の冷製ポタージュです。

テーブルのお花は先生のアレンジです。
e0110940_5301083.jpg




デザートは ヨーグルトババロア トッピングはマンゴーソースとアーモンドスライスのクラッシュ 

e0110940_5364490.jpg

 紅茶はさわやか青りんごフレーバー
e0110940_5335737.jpg

by machiko11m | 2012-09-01 05:53 | 料理教室 | Comments(2)