ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M

<   2011年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

北杜夫氏 逝く

今年の秋の夜長は長編を読むぞと先日 トルストイの「アンナカレーニナ」を購入

e0110940_11344525.jpg


なぜアンナカレーニナ?

理由は簡単。ひとつは先日読んだ村上春樹の短編「眠り」に刺激されて、
もう一つは、アンナカレーニが映画化され主要キャストの一人にジュード・ロウ(アンナの夫役)出演予定ということなので
ミーハー的理由です。

さて、意気込んでみたものの、最近雑事多忙とそれによる疲れかすぐに眠くなってページなかなか進まず。
来週初めに短い旅にでるので車中のお供に持参しましょう。

長編小説といえば 高校時代に読んだ「楡家の人々」の作者 北杜夫さんが亡くなられました。

ユーモアあふれるマンボウシリーズ(私のベストは航海記、昆虫記、青春記)や詩的な透明感のあふれる純文学作品
中学、高校校時代、ほんとうによく読みました。
自作の高校時代の思い出アルバム(赤恥もの)にも彼の写真がはりつけてあるぐらいのファンでした。
e0110940_11352227.jpg


処女作 「幽霊」 有名な冒頭の部分を紹介


人はなぜ追憶を語るのだろうか。
どの民族にも神話があるように、どの個人にも心の神話があるものだ。
その神話は次第にうすれ、やがて時間の深みのなかに姿を失うように見える。
-だが、あのおぼろな昔に人の心にしのびこみ、そっと爪跡を残していった事柄を、
人は知らず知らず、くる年もくる年も反芻しつづけているものらしい。
そうした所作は死ぬまでいつまでも続いてゆくことだろう。
それにしても、人はそんな反芻をまったく無意識につづけながら、なぜかふっと目ざめることがある。
わけもなく桑の葉に穴をあけている蚕が、自分の咀嚼するかすかな音に気づいて、不安げに首をもたげてみるようなものだ。
そんなとき、蚕はどんな気持ちがするのだろうか


青春時代の忘れられない作家です。

今手元にあるのはこの一冊 「白きたおやかな峰」

e0110940_1133141.jpg




ご冥福をお祈りいたします。
by machiko11m | 2011-10-28 11:51 | その他 | Comments(7)

伊勢上野城跡  浅井長政(お市の夫、三姉妹の父)が自害した後、お市と三姉妹が移り住んだお城です。
江は0歳から7歳までをこの山城で過ごしました。
看板だけは立派ですが
現在城域は、本城山青少年公園となっていて、本丸北端の櫓台跡にはコンクリート製の展望台がありました。
アスレチック設備のある広場には土俵が作られていました。

e0110940_2233639.jpg


e0110940_22342616.jpg


e0110940_2233429.jpg



安濃津城跡  織田信長の弟である信包が安濃津城を築城しました。お市と三姉妹も、
完成に伴い伊勢上野城からここ安濃津城に移り、お市が再婚するまでの2年間を過ごしました。
e0110940_22355436.jpg


城跡は公園に 主のような黒猫が案内板の前にすわりこんでいました。
e0110940_22372498.jpg


お江の叔父織田信長が熱心に参拝した熱田神宮
菊花展が催されていました。
e0110940_22385225.jpg


e0110940_22401844.jpg

大菊 三本仕立て
e0110940_13161468.jpg


織田信長が桶狭間の戦いにこの城から出陣。清州城
e0110940_2242379.jpg


お城めぐりは体力脚力つかいますが
皆さん元気。(ツワー参加者の中で一番若いのが私というかなり平均年齢の高い一行でした)
夜の宴会もよく食べ よく飲み よく歌われました。

良い旅でした 楽しい旅でした。
e0110940_1192745.jpg
 

来年の大河ドラマは「平清盛」
さて どこへ行くのでしょうか?
また皆様とご一緒したいですね。 
by machiko11m | 2011-10-28 01:24 | 旅に出て | Comments(2)
数年前から縁あって参加している「大河ドラマのゆかりの地を訪ねてツワー」
今年は「江」ゆかりの地をたずねました。

伊賀上野城 伊勢上野城跡 熱田神宮 清州城 関ヶ原 と戦国時代に生きた浅井三姉妹のお話だけあって
訪ねたところはお城や城跡ばかりで  最近運動不足の私は 天守閣へ上がる階段に息切れフーフー (来月山登れる?)
  
伊賀上野城 藤堂高虎により築城され、現在は当時の内堀と石垣、昭和10年に建てられた天守閣が残っています。
e0110940_1027272.jpg

城内は武具・甲冑や藤堂家の遺品が展示されています。
e0110940_10272844.jpg

天守閣の天井に横山大観をはじめ名士の色紙46点の天井絵。
e0110940_16173311.jpg

日本有数の高さを誇る内堀の石垣 1611年(慶長16年)に「打込はぎ」の技法で築かれた高石垣です
e0110940_10282194.jpg

石垣の上からお堀をのぞみこむと 亀が悠々と泳いでいましゃいた。
かなり大きなカメのようでしたが、石垣が高いので子亀のようにしか写真には写っていません。
e0110940_16284879.jpg


伊賀上野 芭蕉の生誕の地で お城の近くに記念館もあるようでしたが、(ツワーですもの)時間がなく
パス。残念でした。

芭蕉が故郷伊賀を詠んだ句

里古りて柿の木持たぬ家もなし

 (古里伊賀は古い歴史を持っていてどこの家にも柿ノ木の無い家は無い。それがいま枝もたわわに実っている)
三重県は次郎柿の産地 柿は秋の風物詩ですね。



泊まりは長島温泉ホテルオリーブ 長島レジャーランド内にあります。
その名の通り庭にはオリーブの木がたくさんうえられていました。

e0110940_15392247.jpg


e0110940_1772810.jpg

ホテルに隣接する長島スパーランドの木製コースター ホワイトサイクロン
白くてきれいなコースターですが、
常盤公園のジェットコースターでも怖くて乗れないので
絶対無理でしょう 
e0110940_1744082.jpg

by machiko11m | 2011-10-27 10:35 | 旅に出て | Comments(2)

ブエノスアイレスの冬

週末  
アルゼンチン生まれのレオナルド・ブラーボ氏のギター演奏会へ

e0110940_1432780.jpg



ブログラムは彼のオリジナル曲や出身のアルゼンチンの曲で構成されていました。

初めて聞く曲が多かったのですが
この曲は知ってました。ピアソラのブエノスアイレスの冬 
(フィギュアースケートの高橋大輔選手の今期のフリープログラムの曲です)





10月も終わりの週に入ります 秋も深まっていきますね。 冬もすぐそこにきているかもしれません。
by machiko11m | 2011-10-24 01:38 | その他 | Comments(2)

ダルマギク


ダルマギク

山陽地方 九州北西部 対馬 朝鮮半島南部などかぎられた地域の海岸の岩場に咲くキク
同じ海岸に咲くハマギクよりは小ぶりで可憐です。

猫額庭に植えています。
e0110940_11453081.jpg


e0110940_11462369.jpg

by machiko11m | 2011-10-23 11:52 | Comments(0)

ハイジの白パン 

アンデルセンの「ハイジの白パン」 今朝の朝食です。
やわらかく もちっとした食感です。

e0110940_12591212.jpg


「ハイジの白パン」 はハイジの物語のエピソードの一つです。

アルプスの山の上で育ったハイジは、山羊飼いのペーターのおばあさんが、固い黒パンを食べているのを知り、おばあさんにやわらかい白パンを食べさせたいとアルプスを離れた都会(フランクフルト)のクララの家で食事の時だされる白パンをためこみます。(家政婦のロッテンーマイヤーに見つかって没収されてしまいますが ハイジが山に帰る時にクララが籠いっぱいの白パンをもたせてくれます)

「ハイジ」は私の子供時代の愛読書


e0110940_1258268.jpg



アルプスの美しい自然 アルムおじいさんの山小屋、ヤギのミルクと炙ったチーズの山の食卓。
個々の描写がそれは新鮮で活力にあふれていました。あこがれました 干し草ベッド。

アニメにもなりました。可愛い主題歌でしたね。。
 
アニメと原作 テーマは自然で共通しているけれど 原作ではほかに大きなテーマが
それが 宗教 キリスト教信仰です。
原作を読むと ただ面白いだけの 自然は素晴らしいだけのお話だけではなく ハイジの成長物語をとおして「神と人間」がテーマのキリスト教の教えや知識がバックボーンとしてあるお話だということがわかります。


宗教心のない私には  
ハイジをとられたとクララや町の人に嫉妬してクララの車いすを壊し、良心の呵責にとらわれたり、お弁当の大きさに単純によろこんだりするヤギ遣いのピータに人間臭さを感じてニヤリ、、、、です。
by machiko11m | 2011-10-22 13:03 | その他 | Comments(2)

だんまりの花 ツワブキ

ツワブキの蕾があがってきました。
秋がふかまって彩がすくなくなっていく秋から冬の庭に花を咲かせます。

e0110940_23105542.jpg


明るい黄色い花なのですがこんな句が

つはぶきはだんまりの花嫌ひな花   三橋鷹女

「だんまり」ですか  たしかに 石蕗の花 頑な陰気な感じもしますね。 
by machiko11m | 2011-10-19 23:11 | 山野草 茶花 | Comments(2)

野菊

秋の周南山野草展  今年は野菊がはやりだそうな、、。


e0110940_11403140.jpg


e0110940_11405069.jpg


e0110940_114117.jpg


e0110940_11411092.jpg


e0110940_11461285.jpg

by machiko11m | 2011-10-17 11:42 | 山野草 茶花 | Comments(2)

クッキー作り

週末に行われる地区の文化祭のためのクッキーを焼きました。
公民館調理室のガスオーブン使用 
レーズンとヨモギの二種類です。
ヨモギは今春、鹿野で摘んで冷凍しておいたヨモギを使いました。
よもぎ餅もいいけれど 洋風ヨモギクッキー 美味しくできあがりました。

e0110940_11194557.jpg


e0110940_11195663.jpg


一袋100円で販売 収益は地区社協の活動費となります。

e0110940_1121898.jpg


e0110940_12183913.jpg

by machiko11m | 2011-10-14 11:23 | 季節の植物 | Comments(3)
ケイトウ昔から親しまれている花ですが、
バラやサクラのように花びらヒラヒラの花のイメージからはすこしずれた鶏頭の花
この個性的な鶏頭の花を使ってのアレンジメント

e0110940_2365313.jpg




優しい色あいの花色が花の持つごつごつ感をやわらげて
可愛い仕上がりになりました。
バナナの皮でできた花器も熱帯アジアが原産の鶏頭によく合います


e0110940_23435972.jpg

by machiko11m | 2011-10-12 23:07 | アレンジメント教室作品 | Comments(2)