ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M

<   2010年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

JR東海のポスターを見て
e0110940_0271048.jpg


「そうだ 京都 行こう 」と思い立ってはいけません。
この季節 京都はすごいことになっています。

奇跡的に予約のとれた京都のホテル 近くに清水寺 東福寺と紅葉の名所があります。
たぶん渋谷の人混みよりは多いい、 たどりつけません 歩けません 身動きできません。

あまりの混雑にもみじ名所の紅葉見学はあきらめて、方向チェンジ、一乗寺の恵文社にと出町柳へ。

突然ひらめきました。 「そうだ あそこに 行こう」と叡電に乗り込みました。

降りた駅は、三宅八幡。
40年ぶりです。
駅のたたずまい 時間が止まったよう、、、変わりません。

e0110940_22215914.jpg


高野川にかかる橋より比叡山

e0110940_222325100.jpg


三宅八幡宮へ。
e0110940_22243662.jpg

  
境内あちこちに鳩の意匠  狛犬のかわりに鳩の象 拝殿の幕、石燈籠や瓦にも「鳩」の模様があります。
e0110940_22254955.jpg


e0110940_22252295.jpg


e0110940_22262661.jpg


e0110940_22264767.jpg


三宅八幡は子供の守り神 「かん虫封じ」「子供の病気平癒」「夜なき」「学業成就」のご利益、
虫関連で害虫駆除のご利益まであるそうです。
社務所で神鳩と絵馬をいただきました。


神鳩(しんばと)
お宮参りの際に、「神鳩」という、土製のつがいの鳩を授けてもらい、子供が無事成長した折にお礼にお返しにくるというならわしがあります。

青い鳥は幸福の鳥 この一対の鳩人形のなんとキュートなこと
子供でなくてもほしくなりますね。

e0110940_22275928.jpg


e0110940_22281226.jpg


茶屋でいただいた鳩餅 もち米粉でつくられています。
ニッキと抹茶の三種類で、ムチッとした食感です。
e0110940_22293310.jpg


e0110940_2229565.jpg


有名紅葉スポットではできなかった紅葉狩りですが 京都左京区洛北の三宅八幡宮の境内 

千早ぶる 神代もきかず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは

         からくれないに 水くくるとは こんな感じでしょうか?
e0110940_2237544.jpg


e0110940_22304264.jpg


e0110940_2237344.jpg


e0110940_22311622.jpg

by machiko11m | 2010-11-30 22:45 | 旅に出て | Comments(9)

Autumn leaves

Cannonball Adderley feat. Miles Davis " Autumn Leaves"



おじぎちゃんの枯葉はこれ
by machiko11m | 2010-11-26 19:54 | Comments(0)
ようやく気力体力回復し、今日は午後より
公民館の健康体操講座へ。
安静のため丸一日腰がいたくなるほど寝ていたので 体操はじめの準備運動がきついけど気持ちがいい。

準備運動を終えていつものタオル体操をしていましたが、なぜか今日は皆さん すこしソワソワ気味
すぐにそのワケがわかりました。遠くからブンブンとなにやら音が それがだんだん近づいてきたのです。。

公民館二階の窓からT病院の新棟がよくみえます。 屋上にはヘリポートが設置され、来年にはドクターヘリの運行を念頭においた「地域救命救急センター」が開設されます。
今日はそのドクターヘリの試験飛行の日だったのです。
病院に近い地区には試験飛行の日時などが回覧でお知らせがあったようですので
体操教室の皆さんも (ヘリが来ることを)知っていらっしゃったようです。

ヘリが見えてくると もう体操も踊りもありません。皆が窓のほうへ。講師の先生もおばさまたちの好奇心の強さにびっくり、
こんな日もあってもいいかもしれませんね。
e0110940_92641.jpg


e0110940_9253826.jpg


e0110940_21281796.jpg


ドクターヘリ 期待されていますよ。  ☆DMAT隊長 Dr.Mがんばってください。

☆災害派遣医療チーム Disaster Medical Assistance Team、通称DMAT
by machiko11m | 2010-11-25 21:32 | その他 | Comments(3)

急性胃腸炎

EXILEのボーカルATSUSHIが、急性胃腸炎で救急搬送というニュースをYahooニュースで知りました。

あららら 私ももしかして 急性胃腸炎??
月曜日の夜 ベトナム仲間が開いてくれた誕生日パーティ

e0110940_22541361.jpg


すてきな花束までいただき、楽しい時間をすごすことができたのに
帰宅後 腹痛と嘔吐 発熱
祭日火曜日 病院はお休み 一日絶食して安静(いまもおかゆ食 )していました。 

今日の午後 病院へ行き診察をうけましたが ほぼ回復していて処置もなし。
ただ 先生が嘔吐下痢症が流行っているので気を付けるようにとのこと。

還暦 くぎりの年の誕生日パーティ
もう 若くはないよという 天からの戒めでしょう。
体調管理には気をつけないといけませんね。


コング様  どら猫様 k様 N様 おじぎちゃん ミヤッシー様
ご心配をおかけしました。
by machiko11m | 2010-11-24 22:56 | その他 | Comments(4)
静かな雨の月曜日になっていますが、
今年の秋はお天気に恵まれました。

昨日の宇部の霜降り山ハイキング(視覚障害者の方々との交流ハイキング)も 小春日和の好天気でした。

晩秋の暖かい日よりのことを「小春日和」といいますね。
アメリカではインディアンサマーと呼ばれ アメリカンインディアンが秋の穀物の収穫に喜びと感謝をこめて 長い冬の前の一時のこの暖かい季節のことを「インディアンサマー」と呼ぶようになったということです。

霜降山の馬の背コースはドウダンツツジの紅葉が見事 赤いトンネルをくぐるような
尾根道は歩きやすくて ハイキングに最適

e0110940_12281185.jpg




男山駐車場までの管理道は桜並木 歩きながら空を見上げると、葉が落ちた梢のあいだから青い空
 アー良いお天気  良い山です。
e0110940_12284962.jpg



e0110940_2359985.jpg


e0110940_122966.jpg

白い八重のサザンカ 良い匂いがしました。 
e0110940_12311837.jpg


宇部は私のホームタウン 霜降山も遠足でいきました。
でも、しりませんでした。この山がこんなに深い山だったとは
嬉しいですね。これから帰る(そうなです 宇部は私の帰る所です)楽しみができました。まずは春の桜見物でしょうか。

交流ハイキングの様子はなまこさん(お世話になりました)のブログでどうぞ さすけさんのブログアップも待ち遠しいですね。
by machiko11m | 2010-11-22 12:35 | 里山ハイク | Comments(4)

晩秋 倉敷

先週日帰りで倉敷にでかけました。
紅葉が川面に映える倉敷川沿いの蔵屋敷、蔦の絡まるエル・グレコはもうすぐ落葉の風情。
e0110940_23495483.jpg

倉敷を訪れるたびにここで記念写真をとります。前回は5年前 季節は夏でした

e0110940_737479.jpg


e0110940_23503186.jpg


緑の屋根がユニーク 大原家別邸有隣荘
e0110940_062554.jpg


e0110940_23514655.jpg

倉敷美観地区は思いのほか秋が深まっていました。Vネックのセーターでは首元寒くて半コートの襟を立てて歩きました。これからのおでかけには巻物必携ですね。

旅の目的は大原美術館の特別展です。
e0110940_2355425.jpg


大原美術館創立80周年記念特別展 「大原BEST」
2010年は、大原美術館創立80周年、そして創立者の大原孫三郎生誕130年の年にあたります。これを記念した特別展です。
本館に入るとまず目にはいるのが大原美術館の絵の収集を行った児島虎次郎の描いた「和服を着たベルギーの少女」です。
e0110940_9374538.jpg

本館はモネ、ゴーギャン、セガンティーニ、ピカソなど西洋の美術作品が展示され、
大原美術館の至宝、エル・グレコの「受胎告知」は別室 一点だけの特別展示です。
工芸・東洋館では濱田庄司、バーナード・リーチ、富本憲吉、河井寛次郎、棟方志功、芹沢銈介、の作品と東洋の古美術。
分館ではフォンタナ、ポロック、ロスコ、リキテンシュタインなどの現代美術で
まさしく大原美術館所蔵の名品のオンパレード 。
ゆっくりと時間をかけて鑑賞しました。

鑑賞後(美術鑑賞は疲れます 首も痛くなりますね) 珈琲で一休みと 最近人気の町屋カフェ三宅商店に行ってみましたが、満席
三宅商店の今日のケーキのガトーショコラ、心残りましたが、すこし歩いて
ジャズ喫茶発見
e0110940_2394159.jpg

気になる古本屋 蟲文庫
e0110940_23111656.jpg

店先に多肉植物
e0110940_23114186.jpg

旅館吉井
e0110940_23125699.jpg

中国絨毯の専門店。
e0110940_2317424.jpg


「夢空間 はしまや」へ 呉服屋裏の米蔵を再生したカフェです。

e0110940_23812100.jpg



庭の小菊をさしたいと帰り立ち寄った民芸品店「ちぐさ」で倉敷ガラスのコップ一個だけ買いました。
晩秋の倉敷 50代最後の旅になりました。
by machiko11m | 2010-11-21 23:21 | 旅に出て | Comments(8)
akai akai bara no hanataba

e0110940_20505621.jpg



akogare no " Le Vésuve" no hanataba
e0110940_20524076.jpg



e0110940_20533234.jpg


e0110940_2055102.jpg


e0110940_2053270.jpg


antique bara ga niau madam ni naritai

e0110940_20555183.jpg

by machiko11m | 2010-11-19 20:56 | Comments(5)

晩秋 赤と黄色 



ツワブキ
e0110940_1194033.jpg


ヤブコウジ
e0110940_1203610.jpg


e0110940_1262275.jpg

by machiko11m | 2010-11-18 01:24 | 里山ハイク | Comments(4)

プレゼント交換

秋の寒い日 午後、

昨夜Yさんから電話でお知らせとおさそいのあった周南市人権講演会「地球ステージ1
へ出かけました。会場は富田中です。

「地球ステージ1」の前に 人権イメージキャラクターの紹介です。
まもる君とあゆみちゃんです。

e0110940_2341353.jpg


山登り後の筋肉痛と(冷えからか)しくしく腹痛で 集中力に欠いてましたが、
映像と歌と語りでつづられる世界、インド フィリッピン ソマリア 東ティモール、
パレスチナ(ガザ地区)の人々の様子 子供たちの笑顔
心に残る ステージでした。

桑山さん(NPO法人 地球のステージ代表)曰く 

<ボランティア>とは プレゼントの交換のようなもの。

そうか プレゼント交換ね、、、 私は何を贈ることができるかしら?

秋の寒い日でした。
by machiko11m | 2010-11-16 23:04 | その他 | Comments(3)

小五郎山 錦秋の山登り

ルネ秋の山ハイク 今年の秋は小五郎山(標高1161・7メートル 岩国市錦町) へ 
西側斜面から登る新ルートの 金山谷鉱山跡ルートから登って来ました

先日の下見のおかげで登山口まではスムーズに行けました。

登山口駐車場に車をおいて準備を始めていると 一人のおじさんが手に
鉱石のかけらを持ってこられました。
地主の山本さんです。 小五郎山の鉱山のことなど、いろいろお話を伺いました。
山本さんに入山させていただくお礼をのべて
入山記録簿に 出発時刻(8時50分)下山予定時刻 登山者数(14名)グループ名と代表者名を記入
いよいよ登山開始です。

e0110940_12285461.jpg


一昨日あたりからの黄砂と曇り空でもやったお天気でしたが、雨は降らないという予報で気温も高め、お天気的には心配のない山のぼりでしたが、
かなりハードな行程、、道というよりほとんど崖といった急登の登山道、滑る岩海わたり、急な階段道 途中鉱山跡で休憩しましたが、鉱山跡(坑道)を見学することなく座り込んで休憩(元気な同行仲間に写真は撮ってもらいました)

e0110940_1230330.jpg


e0110940_12312110.jpg


e0110940_12314153.jpg


e0110940_12315461.jpg


e0110940_12321112.jpg

ヘロヘロ クタクタ 喘ぎながら 山頂に到着、 所要時間2時間15分 たいした?ものです。 カメ組頑張りました。昼食をとっているあいだに黄砂もとれ青空が還って 広がる展望
羅漢山、鬼ヶ城山、大峰山、容谷山、吉和冠山、安蔵寺山 と中国山地の名峰は赤色 黄色 橙色の紅葉に彩られて錦秋とはまさにこのこと、胸を打つ美しさでした。
e0110940_12332359.jpg


e0110940_12335780.jpg


e0110940_12345788.jpg


e0110940_12414455.jpg


e0110940_13294.jpg



下山も同じルートの往復コースを予定していましたが、あまりの急登に下山は向峠へくだるコースで下山することにしました。(車を金山谷登山口入口に駐車しているので健脚の方に金谷山へ下山して向峠登山口へ車をまわしていただきました。)

e0110940_12401583.jpg


e0110940_18214066.jpg


e0110940_12403278.jpg


e0110940_18233181.jpg



e0110940_1242165.jpg


向峠への下山道はふかふかの落葉の絨毯のよう、五色の落ち葉を踏みしめながら歩くというなんという贅沢、なんという幸せ。 今年の秋 最高の山行きでした。

e0110940_12422648.jpg

by machiko11m | 2010-11-15 12:46 | 里山ハイク | Comments(2)