ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M

<   2008年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

バラのマルチング


冬の晴天は貴重。午前中の晴れ間に最後のバラ鉢(バタースコッチ)の植え替えをすませ、その後マルチングをほどこしました。このマルチングは先日の[趣味の園芸]の番組でもバラの貴公子大野耕生さんが勧めていました。
午後からのお友達とのティータイムでも大野貴公子の話が、、、盛り上がりました。きっと今年の春はバラを栽培されるバラ人口が増えるのに違いありません 貴公子効果ですね

e0110940_2146541.jpg


e0110940_21515973.jpg


e0110940_21471026.jpg


e0110940_21472973.jpg

バタースコッチの花です。 今年の春このような立派な花が咲いてくれるといいのですが。
e0110940_22372289.jpg

by machiko11m | 2008-01-31 21:52 | バラ | Comments(6)
花持ちが長く切花として人気のあるアルストロメリア
アレンジメントをはじめたころ よくこのお花を使いました。
主役には役不足でも花色もいろいろあり,サブ主役としてはとても重宝な花です。
アルストロメリアとなんだか舌をかみそうな長い名前です。 南アメリカ原産でアンデス山脈の寒冷地に自生します。1753年、南米を旅行中だったカール・フォン・リンネが種を採集し、リンネが親友のスウェーデンの男爵ヨーナス・アルステーマの名にちなんでつけたということです。
和名は「百合水仙」または 南米インカ地方が 原産であるところから「インカの百合」ともよばれます。

花のエンゲル係数が高い我が家にとってこの花は比較的安価でもとめられるので助かります。   ボリュームもあるので私は単色でどかっと花瓶にいけるのが好きです。


e0110940_21214573.jpg


e0110940_21235031.jpg


e0110940_21215834.jpg

by machiko11m | 2008-01-30 21:30 | Comments(2)

ギターコンサート


昨日 60の手習いでギターを習い始めた友人(なかなか熱心でもうすぐ最初の教則本があがりです)と村治佳織のギターリサイタルにいきました。

e0110940_23195687.jpg


会場はシンフォニア岩国でした。 立派なコンサートホールでした。
e0110940_23202089.jpg


【プログラム】
◆J.S. バッハ リュート組曲第1番 ホ短調 BWV.996
  Johann Sebastian Bach Lute Suite No.1 in E minor BWV.996

  無伴奏パルティータ第2番 ニ短調 BWV.1004より シャコンヌ
                     Chaconne from Partita No.2 in D minor BWV.1004

◆武満徹編曲 「ギターのための12の歌」より ロンドンデリーの歌 
  Arr. T. Takemitsu Londonderry Air from “12 Songs for Guitar”

◆ヨーク サンバースト
  Andrew York Sunburst

◆デ・ラ・マーサ 暁の鐘
  Eduardo Sáinz de la Maza Campanas del alba

◆モレーノ=トロバ ラ・マンチャの歌
 Federico Moreno Torroba Aires de la Mancha
    Ⅰ ヘリンゴンザ Jeringonza
    Ⅱ もう冬がやってくる Ya Llega el invierno
  Ⅲ 小唄 Coplilla
  Ⅳ 牧人 La pastora
  Ⅴ ラ・セギディージャ La Seguidilla

◆タレガ アルハンブラの想い出
  Francisco Tárrega Recuerdos de la Alhambra

◆ロドリーゴ      ヘネラリーフェのほとり
  Joaquín Rodrigo Junto al Generalife

◆ファリャ 粉屋の踊り
  Manuel de Falla Danza del molinero

前半はバッハの曲を 後半は赤いドレスに着替えてスペインの楽曲の演奏でした。
後半のスペインの曲はギター曲として親しまれていて私もよく耳にしますが、
バッハの曲をギターの生演奏で聴く機会はあまりなく、音色を堪能しました。


演奏曲目にもあったアルハンブラ宮殿 3年前訪れた時の宮殿内の写真です。
e0110940_2322692.jpg

宮殿から夏の別荘へ続く庭にはたくさんの花が ザクロやタイサンボクの花が印象的でした。
e0110940_23264965.jpg


ジャカランタの木も満開でした。
e0110940_23223622.jpg



我が家の鉢植ジャカランタ(ジャガランタをハイドロカルチャー栽培で。 [2007-07-22 ] )
 ひょろひょろして見苦しくなったので先月思い切って切ったのですが新しい葉がつきました。
e0110940_06816.jpg

by machiko11m | 2008-01-28 23:24 | モチーフは花 | Comments(8)

茶会


初点茶会 薄茶は立礼席でいただきました。

床    大徳寺孤篷庵住職 小堀卓巖師筆 一行 関 南北東西活路通
花    寒牡丹
花入   青磁
香合   伏見人形 干支 「子」
      根来塗
床飾り  小槌

「関 南北東西活路通」は禅の言葉です 以下「よくわかる茶席の禅語」有馬頼底より参照

「関」 南北東西活路通は『碧巌録」という書物に「雲門の関」として出てきます。「関」は玄関、入り口、関所の事。私達は人生を歩んでいく過程で、いろいろな関門を通ってきました。関門を前にして逃げるのではなく通らずばおくまいという気概で、さらに突き進むことが大切。いったんその難関を通ってしまえば、あとは自由自在に開けるものです。
                      
e0110940_22163441.jpg


e0110940_2214349.jpg


点心席   梅や竹に椿が飾られていました。扇もあしらわれてお正月らしい華やかを。
e0110940_2215273.jpg


e0110940_22151622.jpg

by machiko11m | 2008-01-26 22:17 | 季節の植物 | Comments(9)

冬の室内寄せ植え

頂き物のポット3つ。この寒さですから戸外へおけません。
すこし窮屈ですがブリキの入れ物(お正月花の花器にしていました)に入れて
しばらく室内におくことにしました。

e0110940_8541158.jpg

カランコエは遠くマダガスカル原産の多肉植物
e0110940_85653.jpg

チェッカーベリーのコロンとした赤い実が鮮やかです。葉も冬はすこし赤みをおびています。 
e0110940_8561979.jpg

by machiko11m | 2008-01-26 08:54 | Comments(2)

カンアヤメ


小雪もちらつく寒い日が続いています。
今日のお茶席の茶花はカンアヤメです。

寒に咲くアヤメなのでカンアヤメと呼ばれます

e0110940_2125135.jpg


e0110940_21251493.jpg


e0110940_21252936.jpg

by machiko11m | 2008-01-24 21:29 | 山野草 茶花 | Comments(3)

スパイラルブーケ


ローラン・ボーニッシュ氏のスパイラルブーケです。
昨夜の「おしゃれ工房」の番組を見て私もブーケ作りたくなりました。
来月のアレンジ教室でチャレンジをしてみます。


e0110940_094914.jpg

by machiko11m | 2008-01-24 00:09 | お知らせ&お尋ね | Comments(5)

長方形箱


花器は長細い箱を使いました。 花は好きなアネモネなど春の花で アネモネは八重咲きの
モナークを選びました。一重咲きより小ぶりで可憐なアネモネですが存在感はあります。


e0110940_15465293.jpg



e0110940_14503573.jpg


e0110940_14505611.jpg

e0110940_14511241.jpg

箱の淵のラインを見せるとすっきりとした感じになります。
e0110940_239582.jpg


e0110940_2392942.jpg





花材
アネモネ(モナーク)、カーネーション、トルコキキョウ、スイトピー
スカビオーサ、アスチルベ、ガマズミ、ヘデラベリー
by machiko11m | 2008-01-22 23:11 | アレンジメント教室作品 | Comments(3)

大寒 山口瑠璃光寺

地区社協(社会福祉協議会)訪問研修で山口白石地区へ。
S市S地区の福祉委員、民児委員総勢31名が参加しました。
山口市白石地区の社協の皆さんとお互いの活動状況についての報告や意見交流は予定の時間をすぎるほどでとても勉強になる有意義な時間をすごすことができました。
また、大寒の寒い一日でしたが、白石地区の皆さんのおもてなしに心も体もあたたまりました。

帰路 皆の希望で瑠璃光寺に立ち寄りました。ウメの開花はまだでしたが、蕾は確実に
ふくらんでいっているようでした。サザンカは満開で春もそう遠くないようです。

e0110940_2115666.jpg

サザンカ径路
e0110940_21152713.jpg


e0110940_21154161.jpg


e0110940_21224722.jpg


e0110940_21161157.jpg

ツルウメモドキ
e0110940_21203865.jpg


e0110940_21172148.jpg


e0110940_2117484.jpg


e0110940_2118071.jpg
       交流会場の白石公民館前で記念写真。      
       立派な公民館でした。
e0110940_10241121.jpg

by machiko11m | 2008-01-21 21:21 | Comments(6)
今朝から冷たい雨が降っています。こんな日は家でゆっくりが一番ですが夕方より外出予定です風邪をひかにようにしっかり防寒です。
昨日鉢植えにしていたヒヤシンスをキューガーデンのポットにうえかえました。
ライム色の色あいと柔らかみのある質感のポットがまだ花のさかないヒヤシンスをあたたかく引き立ててます。

キューガーデン(Royal Botanic Gardens, Kew)はイギリス・ロンドン南西部にある王立植物園、世界で最も有名な植物園と呼ばれユネスコ世界遺産にも登録されています。このポットは伝統あるこのキューガーデン公認の園芸用品.英国のTerrace & Garden社の製品です。いつかは行ってみたいキューガーデンですが 今は宇藤カザンさんのブログを眺めて、、。早春のクロッカスの群生 ため息物です。

e0110940_11442843.jpg


e0110940_1144539.jpg


e0110940_1145935.jpg


e0110940_11453135.jpg

by machiko11m | 2008-01-20 11:46 | Comments(3)