カテゴリ:里山ハイク( 112 )

山と渓谷社発行の分県登山ガイド
山口県の山 (著者は山口県在住の登山家 医師の中島篤巳先生) 
この本を参考(たより)にして 上関の上盛山へ行ってきました。
e0110940_2541381.jpg
e0110940_2542486.jpg


舗装された登山道や車道を歩くので 山道を歩くといった感じがなく、少し残念感ありの行程でしたが、明るい広葉樹の道、椿や水仙 陽だまりのタンポポ、秋の名残の野菊などの道端の花々 メジロやジョウビタキなどの小鳥の姿と 明るく静かな冬のハイクを楽しみました。

e0110940_251452.jpg


e0110940_285211.jpg


e0110940_2104973.jpg

展望台までの道はスイセンロード 花はまだ春浅く 蕾でした。
e0110940_212866.jpg


e0110940_2151932.jpg


e0110940_2161373.jpg
e0110940_2163116.jpg


e0110940_21733100.jpg


お天気良く 頂上展望台からの圧巻の360度の瀬戸の海と島々の展望には大満足

e0110940_218131.jpg

祝島 小祝島 美しい島 海

e0110940_220360.jpg


e0110940_2204470.jpg

対岸に見えるのは皇座山
e0110940_2223999.jpg

灯台をかたどった展望台の窓はステンドグラス風
e0110940_2263242.jpg


e0110940_2271062.jpg


三角点をさがしましたが見つからず、後で調べると 頂上付近の火山岩の間にあるとありました。
e0110940_239379.jpg

下山途中に立ち寄った御汗観音のユニークな佇まいにも興味をそそられました。

e0110940_2234197.jpg

ここにもステンドグラス
e0110940_22465.jpg

by machiko11m | 2013-01-12 02:43 | 里山ハイク | Comments(4)
新春登山 宮島弥山(535m)です。

e0110940_2215393.jpg

上りは紅葉谷コースを行きました。

紅葉川沿い自然林(原始林)の中のよく整備された道をゆっくり登りました。標高535mの山ですが海抜0mよりの上りなのでかなりの距離を登ります。(所要時間 1時間半 まずは標準時間でした。)
e0110940_2123748.jpg


e0110940_236268.jpg

e0110940_2125619.jpg

e0110940_2391846.jpg

e0110940_2131096.jpg


e0110940_2133314.jpg



弥山頂上はかなりの賑わい。
e0110940_2135585.jpg


e0110940_2282068.jpg

島へ渡る前に買った”うえの”のアナゴ飯弁当(美味しい!)でお昼をいただきました。
e0110940_3463319.jpg

景色を楽しみながら食後のお茶をのんでいると 隣に座っていらした二人組の方との会話から頂上売店の裏から紅葉谷コースへ合流する道があることを知り、帰りは大聖院コースで下山予定でしたが
階段の多いコースなので、急遽このコースに変更して降りることにきめました。

このコース(下山後調べると、四宮コースという弥山頂上へ最短距離で登れるルートでした)案内板がなく、目印となる赤いテープもなく、初めての道なのですこし不安になりましたが(、地図、ナビ機能のある山アプリは携帯しています。 コンパスも一応携帯してますが 以前NHK講座でならったコンパスの使い方 忘れています )、よく踏み込まれた尾根道で、自然の木の根っこ階段を下り シダの間の狭い道をゆくルートファインディングの楽しさも味わえ、なにより人工的な石段がないのが嬉しい山道でした。
e0110940_223676.jpg


e0110940_2234029.jpg

一時間ぐらいで紅葉谷コース入口の茶屋近く 四宮神社裏に到着。
e0110940_2243220.jpg

鹿もお出迎えです。
e0110940_2322087.jpg


温泉(宮島潮湯温泉)で汗を流した後 美味しい珈琲と焼き立てもみじまんじゅうをいただき帰りのフェリーに、、、、。神の島宮島 弥山登山よい一日でした。

自家焙煎珈琲カフェ "sarasvati " 美味しい珈琲でした。
e0110940_2262394.jpg

by machiko11m | 2013-01-08 02:52 | 里山ハイク | Comments(1)
年賀状作成もなんとか終了 忘年登山にと東鳳翩山へ
東鳳翩山は山口市と山口県萩市に跨る標高734.2mの山です。
いくつかあるコース、今回は二つ堂コースから登りました。
e0110940_0572174.jpg


よく整備された明るいルートをルンルンと登っていっていましたが、
途中錦鶏の滝ルートと交わるところから雪がちらつき、山頂へ続く階段はすっかり雪で覆われて、頂上に到着するも 降りやまぬ雪で期待の展望は望めず、寒さでゆっくり食事することもできず、下山しました。
e0110940_0593331.jpg
e0110940_11569.jpg
e0110940_123047.jpg



e0110940_131636.jpg
e0110940_135083.jpg
e0110940_14695.jpg


山道で見かけました。
枝にかけてあったフラッグに 「忍」、、、、むむむ
e0110940_1101891.jpg


ツルリンドウの赤い実
e0110940_15591.jpg

百両?十両?
e0110940_165543.jpg




人気の山(新日本百名山)なので 登山者は天候悪くとも何組も見かけて それは心強いものがありましたが、やはり雪がふりだすとすこし不安になります。山の天候って注意ですね。



来月三瓶山へ行く予定です。毎年歩くスキー(クロスカントリー)を楽しんでいますが、雪山登山にトライしようかなとも思っています。
by machiko11m | 2012-12-27 01:14 | 里山ハイク | Comments(0)

冬の散歩道 赤い実

先日、茶臼山(下松市 光市)へ登ってきました。東豊井(188号線大谷パーキング)からの道は明るい雑木林の中を歩く山道で、海に面した尾根筋歩きなので所々で木々の間から海も見えました。

e0110940_19272213.jpg

e0110940_1927969.jpg

e0110940_19302895.jpg
e0110940_19301916.jpg

暖冬に慣れた身には厳しい今年の寒い冬、この日も寒い一日でしたが、歩くと暖かくなりますね。


頂上につきました。360度の展望がひろがっていました。。
e0110940_9263271.jpg


茶臼山にはずいぶん前に一度だけ登ったことがあるのですが、ひさしぶりすぎて、その時の山の印象すっかり忘れ こんなに広い眺めが望めるとは 驚きでした。

e0110940_10443187.jpg

e0110940_10465782.jpg

e0110940_10445119.jpg
e0110940_1045174.jpg

帰路は本尾根ルートをたどり大谷山三角点を踏み大谷ダムを渡るコースを選びました。
はじめての道なので看板や赤いテープをたよりに慎重に歩きましたが、なかなかのハードコース。
特にダムの堰堤をわたり急登の斜面を尾根まで上がり東豊井からの道と合流するまでの道はきつく、翌日軽い筋肉痛になりました。 

e0110940_1933862.jpg
e0110940_19333549.jpg
e0110940_1934823.jpg

地図では出発点が墓地の駐車場になっていますが、車は188号線 東豊井大谷パーキングに駐車しました。

e0110940_19392274.jpg


冬の散歩道 サイモンとガーファンクル



Look around, leaves are brown, there’s a patch of snow on the ground
Seasons change with the scenery, weaving time in a tapestry



冬の散歩道 赤い実が印象的でした。
ノイバラ
e0110940_1845150.jpg

ビナンカズラ
e0110940_1844739.jpg


サンキライ
e0110940_19533517.jpg

by machiko11m | 2012-12-21 19:53 | 里山ハイク | Comments(1)

大津島ウォーキング

日曜日 「周南まるごとウォーキング大会」に参加

大津島10キロのコースです。

すこし曇り空でしたが、ウォーキングにはちょうどいいお天気

海岸線をあるいたり 小高い丘を越えたりと 青い海と緑の山を楽しめる
自然いっぱいのコース 

京都以来久しぶりの歩きで体力に自信なしの不安をかかえてスタートしましたが、
潮風とグリーンシャワーを浴びながら快適ウォーキングで完歩できました。

開会式は親水公園 近くに日本丸が寄港していました。

e0110940_161013.jpg

フェリーで島に渡って 歩きはじめます
e0110940_22393360.jpg

海岸線が美しい
e0110940_22453890.jpg


e0110940_2240776.jpg



e0110940_22405041.jpg


e0110940_22411356.jpg

e0110940_22425046.jpg

e0110940_22491670.jpg

e0110940_22493959.jpg

流木オブジェ

e0110940_22501836.jpg

島ネコ
e0110940_1114811.jpg
e0110940_2250392.jpg

by machiko11m | 2012-05-21 22:51 | 里山ハイク | Comments(2)
 目の見える人に支えてもらい、山を歩く視覚障害者が増えている。背景に山好きの女性が「山ガール」と呼ばれるようになるなど、近年の登山ブームがある。だが、若い支援者の確保が難しく、人気に十分対応できない状況が全国的に続いているという。

 視覚障害者登山は、障害者1人に支援者が2人付き添うのが基本形だ。全国に22のサークルがあり、2年ごとに交流会を開く。開催年の今年、京都市の「京都山の子会」主催で6日から、京都・滋賀県境の比叡山で登山会を行う。同会は視覚障害者生活訓練施設の5人が1985年4月に発足した老舗で、会員登録する117人のうち3割が障害者だ。

 緑内障などで弱視になった西京区の佐渡和代さん(66)は昨年5月に入会した。大阪府と奈良県境の生駒山系を歩いた経験から「視覚障害者が山に登れるなんて思ってもいなかった。山頂で食べるおにぎりはおいしいし、生きがいができた」と語る。

 ただ、同会に登録する支援者の平均年齢は60歳を超え、20歳~30歳代はわずか1人。同会事務局長の長谷川正国さん(79)によるとこうした傾向は全国的で、定例の山登り会に参加する障害者の数を制限するサークルもあるという。

 長谷川さんは「山を歩きたい障害者が増えていくのに反して、支援が追いつかないという不安がある」と協力を呼びかけている。


(2012年4月5日 読売新聞)

*山口ささゆり会も視覚障害者登山交流会に参加しました。

e0110940_1263022.jpg
e0110940_127910.jpg
e0110940_1272436.jpg

e0110940_12132731.jpg


e0110940_12143581.jpg

e0110940_128219.jpg
e0110940_1281311.jpg


e0110940_1285339.jpg

e0110940_12181844.jpg

比叡山山頂三角点
e0110940_1294038.jpg

e0110940_12211113.jpg

総勢35名 VIVA! ささゆり会
e0110940_2132830.jpg

*山口ささゆり会は視覚障害者の方々を友として、目の代わりになって、登山という野外活動を共に満喫することを目的の一つとして活動しています
by machiko11m | 2012-04-11 12:22 | 里山ハイク | Comments(4)

モヤの中のハイキング

箕山 413m ・大星山 438m (柳井市平生町)縦走ハイキング

春はお天気が定まりません。
ぽかぽか陽だまりハイキングの予定でしたが、
天気回復ならず、前日の雨が残り靄がかかり視界悪し ゆえに楽しみの大星山山頂での展望はゼロでしたが、
霧が漂う中でのウォーキングもまた良し。
小さな春もたくさん見つけました。

帰りの温泉(鳩子の海)もゆっくり楽しめたし、今回のハイキングまずまずというところでしょうか?



e0110940_21312167.jpg
e0110940_21313852.jpg
e0110940_2132684.jpg
e0110940_2132272.jpg
e0110940_21325462.jpg

大星山に立つ風力発電機
タワーの高さは約65m、羽根の長さ約35m
e0110940_2133828.jpg

箕山への道も霧の中
e0110940_21343697.jpg


アオキの赤い実がハッとするほど美しい
e0110940_21345618.jpg
e0110940_21353327.jpg

e0110940_2138750.jpg

e0110940_21355068.jpg


箕山学習の森で昼食
手前のブルーボックスが私のお弁当 卵焼きをUさんに
Uさんからも果物や奈良漬などいただきました。
e0110940_21361052.jpg

スミレ
e0110940_2137013.jpg

箕山頂上で記念写真 今回は山ガールの割合が多かったような
帰りの温泉でもプチ女子会でもりあがりました。
e0110940_2234318.jpg

by machiko11m | 2012-03-19 21:42 | 里山ハイク | Comments(2)

二年ぶりの歩くスキー

2月11日(土)・12日(日) 大山隠岐国立公園 国立三瓶青少年交流の家

歩くスキー(視覚障害者と一緒に歩くスキーを楽しむ会 )に参加しました。

 歩くスキーの過去のブログはここで 

今年で10年目のこの会 初回よりほぼ皆勤でしたが 
二年前に骨折でお休みして、昨年は会場の三瓶青少年交流の家が改装のため会が中止
二年ぶりの三瓶行きです。

骨折後の腕や指の回復がまだ十分でないことや 加齢、運動不足による体力低下など
不安材料は一杯でしたが、島根県スキー指導員の先生方の丁寧な指導で
緊張や不安はすこしずつほぐれて
何度も何度も転びましたが スキーにもだんだん慣れて(体がおぼえている?)
雪に覆われたサイクリングロードや牧場一面に広がる新雪の雪原を滑り降りたり、
森を散策をしたりと冬の三瓶を満喫 
e0110940_212823100.jpg


e0110940_20343057.jpg


e0110940_21231510.jpg


e0110940_20382327.jpg



森を歩いていくと雪上にはタヌキ ウサギの足跡を発見できます。
e0110940_20371722.jpg

e0110940_21223877.jpg

冬木立と青い空の組み合わせは私が冬で一番好きな景色
e0110940_20362867.jpg



今年も熟女グループの指導は 穏やかで優しい信頼のH先生  
スキーの板やストックの選び方や付け方 準備体操 整理体操も教えていただきました。
体操では先生の体の柔らかさににびっくり
指導員としての長年のキャリアからうまれたしなやかさでしょうか。



e0110940_2129471.jpg


e0110940_20395699.jpg


e0110940_2045592.jpg



明日はバレンタインデー 熟女5人から感謝のチョコレート送りたいですね。

三瓶山はほんとうに美しい山 また来年その美しい山と素晴らしい先生方にお会いできますように。





by machiko11m | 2012-02-13 20:55 | 里山ハイク | Comments(1)
昨日、大津島ポテト健康マラソンのウォーキング部に参加しました。

ウォーキングコースは
大津島小学校→回天訓練基地跡→回天記念館→旧海軍見張所跡→大津島展望公園(大津山頂上)→大津島小学校の約4キロ


快晴のウォーキング日和
回天記念館のある大津山は標高174mの小高い丘といった小さな山ですが海抜0mから登るので結構キツイ。展望公園までの登り道では汗ばむほどでしたが、潮風が心地よい快適ウォーキングでした。。

比婆連山ハイクから一か月 今年中にもう一座と思っていましたので、
初めて参加の大津島ウォーキングがその一座になりました。

e0110940_8381442.jpg
e0110940_8383693.jpg

まずはマラソンの部(2キロ 3キロ 5キロ 10キロ)スタートです。
e0110940_8392321.jpg

サンタも走ります
e0110940_839567.jpg

ウォーキング部も出発です。
e0110940_8401951.jpg


e0110940_8404094.jpg


e0110940_841749.jpg


e0110940_8412440.jpg


e0110940_8453778.jpg


e0110940_846548.jpg


e0110940_8463786.jpg


e0110940_847987.jpg


e0110940_8472953.jpg

ヤブコウジ
e0110940_8474881.jpg

マンリョウ
e0110940_848896.jpg

キイチゴ よく熟れてました。
e0110940_8483227.jpg

ヒヨドリジョウゴ
e0110940_2046233.jpg


頂上展望公園 モニュメント「未来の風」 みかげ石の台座とステンレススチールの羽からできています。

e0110940_10573995.jpg


e0110940_20474446.jpg


e0110940_2048880.jpg

参加賞はお芋 美味しい豚汁もいただきました。

e0110940_20452310.jpg


表彰式のあと、お楽しみの抽選大会 
当たりには縁のなかった私ですが、
あら ちょるるくんTシャツが大当たり!
e0110940_2064393.jpg


この勢いで年末宝くじ買いましょうか
by machiko11m | 2011-12-05 09:02 | 里山ハイク | Comments(5)
今秋 ルネハイクは比婆連山三山縦走(牛曳山 伊良谷山 毛無山)
比婆は秋すでに深く、木々はほとんど葉を落としていましたが、
所々に紅葉が残る山の風情にうっとり、魅せられました。

白樺林 
e0110940_713129.jpg

牛曳山の滝 
e0110940_7144081.jpg


e0110940_715168.jpg

出雲峠付近
e0110940_7155063.jpg


やはり 山はいいな。 最近、物思う秋のせいか なんとなく憂いがちでしたが、
元気がでてきました。山は私のパワースポット 元気スポット。
今年中にもう一座登りたい。

落ち葉絨毯をゆっくり、ゆっくり歩くと ほら、こんな宝石見つけられますよ。

ツルリンドウ
e0110940_717318.jpg

ヒヨドリジョウゴ
e0110940_717507.jpg

ユキザサ
e0110940_7182462.jpg


ミヤマヨメナ 一輪咲いていました。

e0110940_722218.jpg


毛無山頂上で記念写真 皆さん余裕の笑顔ですね。

e0110940_7262218.jpg


私も満足笑顔です。 伊良谷山頂上にて

e0110940_10115914.jpg

by machiko11m | 2011-11-14 07:43 | 里山ハイク | Comments(2)

ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M