カテゴリ:山野草 茶花( 57 )

マンサク

昨日のお茶のお稽古 台天目のおさらい
床のお花はマンサクの花と椿

e0110940_10304883.jpg


梅の開花がおくれているようですが、春に「まず咲く」からなずけられたというマンサクの花

黄色い ちじれた紐状の花がユニーク 紙細工のようです。

e0110940_10223438.jpg




 まんさくや 寒さの底はまだ見えぬ  M
by machiko11m | 2012-02-17 10:24 | 山野草 茶花 | Comments(3)

DNA 黒椿

編み始めました。
基本の表あみ 裏あみ(フランス編みがむずかしい)を一段ずつくりかえしてのメリヤス編
e0110940_21331263.jpg

なかなか目がそろわず、穴??もあいているところあり、
解きたいけど、それも怖い、、、。

e0110940_2150410.jpg


手芸上手の母の遺伝子は受け継がれてなかったみたい。
 
DNA 証明ならず 毛糸編む   M



今日のお茶のお稽古は行の行台子(炉)
しばらくぶりなのですっかり忘れていました。
先生は体が覚えていくとおっしゃいますが、
覚書という虎の巻を作成中 自分で書くと覚えられる?

e0110940_21503381.jpg


今日の床のお花は 黒椿と青軸梅
黒椿 シックだわ、、。

e0110940_21342036.jpg



お濃茶をたくさん頂いたので目がさえています。
これからひと編みします。
by machiko11m | 2012-01-26 21:40 | 山野草 茶花 | Comments(5)

白い山茶花

ときどき覗く 清水哲男の「増殖する俳句歳時記」より

平井照敏

ふと咲けば山茶花の散りはじめかな

e0110940_293284.jpg


まことに句の言う通りであって、山茶花ほどにせわしない花はない。「ふと」咲いたかと思うと、すぐに散りはじめる。散ったかと思う暇もなく、すぐに次々と咲きはじめる。したがって、いつも咲いているが、いつも散っている。桜花のように、散るのを惜しまれる花ではなくて、散るのをむしろアキレられる花だと言ってもよいだろう。古来、この花についてだけは、異常なほどに散る様子を詠んだ句が多いのもうなずける。作者の編纂した『新歳時記』(河出文庫・1989)にも、たとえば寒川鼠骨の「無始無終山茶花たゞに開落す」というせわしなさの極地のような句があげられており、他にも「山茶花の散るにまかせて晴れ渡り」(永井龍男)が載っている。我が家の庭にもコイツが一本あって、この時間にもしきりに咲き、しきりに散っているはずだ。散り敷かれた淡紅色のはなびらのおかげで、庭はにぎやかなこと限りなし。どこにでもあるさりげない存在の植物ながら、この時季の賑やかな山茶花には、毎年大いに楽しませてもらっている。「俳句文芸」(1998年11月号)所載。(清水哲男)


紅い山茶花とちがって白い山茶花にはそれほどのせわしなさ感やにぎやか感はありませんね。
むしろ無口な感じもします。

こんな句もあります

山茶花や無口の人とゐて無口 ( 土肥あき子)



11月 ちょっと疲れ気味  12月は無口でいきましょうか、、、
by machiko11m | 2011-11-28 02:17 | 山野草 茶花 | Comments(1)

炉開き 西王母

11月の最初のお茶の稽古は「炉開き」 炉が開かれます。

e0110940_215839100.jpg

初冬の日差しがさしこむ床の間
e0110940_2159254.jpg


お花は椿 「セイオウボ」です。

e0110940_2159236.jpg



お菓子は善哉をいただくのが習わしとかで毎年先生が作ってくださいます。
by machiko11m | 2011-11-17 22:02 | 山野草 茶花 | Comments(3)

だんまりの花 ツワブキ

ツワブキの蕾があがってきました。
秋がふかまって彩がすくなくなっていく秋から冬の庭に花を咲かせます。

e0110940_23105542.jpg


明るい黄色い花なのですがこんな句が

つはぶきはだんまりの花嫌ひな花   三橋鷹女

「だんまり」ですか  たしかに 石蕗の花 頑な陰気な感じもしますね。 
by machiko11m | 2011-10-19 23:11 | 山野草 茶花 | Comments(2)

野菊

秋の周南山野草展  今年は野菊がはやりだそうな、、。


e0110940_11403140.jpg


e0110940_11405069.jpg


e0110940_114117.jpg


e0110940_11411092.jpg


e0110940_11461285.jpg

by machiko11m | 2011-10-17 11:42 | 山野草 茶花 | Comments(2)

ヨメナ

庭のヨメナを摘んで萩焼の湯のみに
e0110940_09316.jpg


e0110940_081969.jpg



こんな秋の日もいい。
by machiko11m | 2011-10-11 00:10 | 山野草 茶花 | Comments(5)
ブログupが前後してしまいましたが、連休前日BBQのお誘いをいただいて
友人の別荘へ

別荘としてはおもしろいロケーション
国道からは見えないけれど田んぼの真ん中に
築後25年の丸太小屋
e0110940_22143692.jpg


小屋はまた清流沿いに
e0110940_22255095.jpg


庭の怪獣(古タイヤで作られてます)
e0110940_22145921.jpg


今年は豊作だとか 栗の木
e0110940_22152445.jpg

ヒガンバナ ゲンノショウコの小さな花が可憐
e0110940_22154847.jpg


e0110940_22221736.jpg


e0110940_22155871.jpg




肝心のBBQの写真は焼いたり食べたりで忙しくてとれず

写真では闇夜のようですが、周囲に山や民家がなく平地ながら見晴らしがよく、人工の照明や月明かりもない時間帯だったのでしょう
満天の星空 ほんとうに綺麗でした。 

e0110940_22301372.jpg

by machiko11m | 2011-09-27 22:28 | 山野草 茶花 | Comments(0)
この連休、法事(叔父の一周忌で隣県へ)や敬老会のお手伝いと忙しく、
蒸し暑いお天気も加算して 少し疲れました。
お花の写真もこれ一枚 庭のタイワンホトトギス フラッシュなしで撮りましたが やはり 暗くて写りがわるいですね。

e0110940_655189.jpg


町内広報に載せる写真を二三枚 これもうつりが悪いですね。紅白まんじゅうだけがばっちりピントがあってます。気持ち?が入っているからでしょうか。

e0110940_733236.jpg


e0110940_74480.jpg


e0110940_741952.jpg

by machiko11m | 2011-09-20 07:10 | 山野草 茶花 | Comments(3)

ノカンゾウ

猫額庭裏庭の夏の終わりの様子
荒れてますね。昨日から少しずつ草取り。

e0110940_9142397.jpg


ノカンゾウが咲いていました。
萱草は一日花ですのでワスレグサ(忘れ草)とも呼ばれます。

e0110940_9144732.jpg



萱草の一輪咲きぬ草の中 漱石
by machiko11m | 2011-09-05 09:16 | 山野草 茶花 | Comments(3)

ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M