ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:モチーフは花( 107 )

夏の白 水色の夏

台風 長雨と なんだかさえない今年の夏です。

晴れ間がのぞいた午後 マルタまで。  賑わっていました。

川の音を聞きながら 梅ジュース。

e0110940_2233766.jpg
 

庭草茂る中の白百合 眩しい夏の白です。

e0110940_22314030.jpg



帰り、ひさしぶりに千石岳中腹の金剛水へ。  県道9号線から180号線を行きます。
e0110940_22335763.jpg


県道180号線は 離合が難しい細い道ですが

金剛水あたりは駐車スペースはないもののガードレールが新しくなり、以前ほど危険な感じはなくなりました。

どんな日照りが続いても枯れることのない金剛水。

冷たく透明な水が湧き出ていました。

e0110940_22385545.jpg


水色の空はなかなか望めない今年の夏ですが、流れ出る水はまぎれもない水色の夏でした。
by machiko11m | 2014-08-15 22:43 | モチーフは花 | Comments(0)

rain rain rain  宗旦木槿

九月に入って 雨の日が続き、いささか気分滅入りますね。

斉藤和義 Rain Rain Rain

          


夏の茶花の代表格の木槿の白い花弁も雨に濡れて溶けるように透けていきます。

e0110940_159483.jpg


底紅 一重の木槿 宗旦木槿と呼ばれます
利休の孫の宗旦が好んだことからその名がついたとか
侘び寂びの中の華やかさ 心にしみる美しさです



昨日のYahooのニュースで
市川海老蔵が主演を務めた映画『利休にたずねよ』(田中光敏監督)がカナダモントリオール世界映画祭で最優秀芸術貢献賞を受賞したとありました。

映画は12月公開だそうですが、山本兼一の原作『利休にたずねよ』


利休は言う「-わしが額ずくのは、ただ美しいものだけだ」


再読です。
by machiko11m | 2013-09-04 01:59 | モチーフは花 | Comments(0)

泥中蓮

日曜日 友人が出展している書道展へ行きました。

書の美しさは形の美しさ、線の美しさにあるといわれますが、余白をふくめた空間芸術だということがわかる素晴らしい作品展でした。

e0110940_21322582.jpg



e0110940_2133014.jpg
e0110940_21332349.jpg

e0110940_21343438.jpg


蓮は泥より出でて泥に染まらず 

e0110940_2135549.jpg


万葉の森の大賀蓮 今年はまだ見に行けず。
by machiko11m | 2013-07-29 21:37 | モチーフは花 | Comments(0)

五月の風  タンポポ

今年の中原中也賞 受賞作 細田傳造 「谷間の百合」より

五月の風

五月の風が心地よい
理由を高原にききにいく
きょう北関東はくもり
五月はくもりがよい
風が徘徊の汗を冷やしてくれる

畠のみちわきにタンポポがいならび
りりしく立っていた
わたしも律義
タンポポの実の
傘を踏んであげる
ひとりひとりていねいに踏む



五月の風はひとにやさしい
なぜ?



久しぶりに詩集を買いました。 たまたま手に取った 詩と批判雑誌「ユリイカ」のこの一遍を読んで(地元書店で見当たらないので)  迷わず「ポチ」りました。
e0110940_6491634.jpg

今、手元にあるということが嬉しい ほとんど喜び。
この詩集 みずみずしさが広がります 言葉の深さにおどろきます。 中原中也賞最年長の受賞者ということですが、
感性ってほんとうに年齢とは関係ないということがよくわかります。

タンポポ(蒲公英) キク科タンポポ属

e0110940_6472266.jpg

by machiko11m | 2013-05-23 07:02 | モチーフは花 | Comments(4)
五月に入りましたが、北の国では低温が続いているそうです。
北海道の初夏を彩るスズランも開花おくれるのでしょうか?
数株ですが、猫額庭にもさきました。

e0110940_1941888.jpg


寺山修二の最初の作品集「われに五月を」の冒頭の詩です。
e0110940_1910571.jpg


--------------------------------------------------------------------------------
五月の詩・序詞

 きらめく季節に
 たれがあの帆を歌ったか
 つかのまの僕に
 過ぎてゆく時よ
     :
     :
     : 
     :
二十才 僕は五月に誕生した
僕は木の葉をふみ若い樹木たちをよんでみる
いまこそ時 僕は僕の季節の入り口で
はにかみながら

--------------------------------------------------------------------------------
5月をこよなく愛した寺山修二 5月4日は寺山修二の命日 今年で亡くなって30年です。
by machiko11m | 2013-05-04 19:11 | モチーフは花 | Comments(0)

真冬に「4月に咲くマツユキ草が欲しい!」とわがまま女王
森へ追いやられるむすめ。
そこで娘は12の月の精たちと出会います。

ロシアの児童作家マルシャークの戯曲 「森は生きている」 

4月に咲くというマツユキソウ (スノードロップ)マルタの庭で咲いていました。
e0110940_9135491.jpg


e0110940_913315.jpg


博士と王女の会話がとっても面白い 「森は生きてる」
ワルワーラ・ブブノワの挿絵もいいですね。
e0110940_9172322.jpg
e0110940_9173841.jpg

by machiko11m | 2013-02-05 09:18 | モチーフは花 | Comments(0)

小さい秋みつけた

木曜BARライブで Jazzアレンジで演奏された 「小さい秋見つけた」

郷愁をさそうすこしメランコリックになる曲ですが、 Jazz風アレンジは 小気味よく 楽しめました。

e0110940_8112638.jpg


作詞はサトウハチロー

2番 3番の歌詞が好き


おへやは北向き くもりのガラス
うつろな目の色 とかしたミルク
わずかなすきから 秋の風



むかしの むかしの 風見の鳥の
ぼやけたとさかに はぜの葉ひとつ
はぜの葉赤くて 入日色


 
秋の透明さとは対比するような くもりのガラス うつろな目の色 ぼやけたとさか 、、、
フォーカルポイントとしての 入日色の赤いハゼの葉


どうしてこんな詩が書けるのだろうか 溜息つくほど素敵です。、

今朝の我が猫額庭の ちいさな秋見つけたは

ヨメナです。

e0110940_8101697.jpg

  
by machiko11m | 2012-09-22 08:14 | モチーフは花 | Comments(0)

記念切手

木と花と草のこと

雑誌ブルータスの特集です。
e0110940_20252453.jpg


それにしても活字が小さすぎない? 
e0110940_20255160.jpg


老眼鏡がかかせません。


ブールタスでも紹介されていた植物学者 牧野富太郎
生誕150年の記念切手を(高知土産として)買いました。

e0110940_20405344.jpg


ガマズミ ジョウロウホトトギス ヒメキリンソウ ホテイラン コオロギラン の5種類です。
by machiko11m | 2012-08-03 20:57 | モチーフは花 | Comments(0)

Victory Bouquet

長い暑い夏をオリンピック観戦で(もちろんTV)で過ごしています。
昨日うれしいニュースが

柔道女子57キロ級の松本薫さんが今大会の日本選手団初の金メダルを獲得しました。

今はビックパフェが食べたいと笑う松本さんが掲げる金メダル 輝いてましたね。
e0110940_6322077.jpg


彼女の笑顔にバラのビクトリーブーケ  最高の組み合わせですね。

今季オリンピックのVictory Bouquetはロンドンのフローリスト JANE PACKER
さんによるもの。

e0110940_633371.jpg


英国を代表する花バラと英国伝統のハーブが使われています。
バラの色は4色 それをグルーピングしてミント、タイム、セージ ラベンダーで区切った円錐形のブーケ
色鮮やかで香り高いブーケです

メダルを獲った選手がブーケを掲げて表彰台から手を振る姿はほんとうに素敵。


日本の選手がその香り高いブーケを1つでも多く手にできますように。頑張れ日本!!

米Jane Packerさんは昨年なくなられましたが、その遺志を継ぐ
英国内の花専門学校の学生の助けを借りて
表彰式でメダルと共に選手たちに贈られる4,800本のビクトリー・ブーケは、
作られています。
by machiko11m | 2012-08-01 06:37 | モチーフは花 | Comments(1)
暑い日が続いていますね。

暑い日にはさらに熱くとJazz ライブにでかけました。

セントトーマス(リクエストしました)など夏らしいノリノリの明るい曲中でのこの一曲
 
レフト・アローン

この曲はジャスを聞き始めたころよく聞いた曲

もう何十年も前のことです。


何十年も月日が経っても 胸の奥のコアな部分はやはりかわらいなと
そんなことを思い起こさせる演奏で 胸が熱くなりました。
e0110940_0314817.jpg


フラワーカレンダーM としては レフト・アローン にはくちなしの花ははずせないけど
くちなしの花は すでに咲き終わっているのか どこにも見かけず

かわりに ギボシの白い花を(雰囲気ちがいますが)

e0110940_037769.jpg

by machiko11m | 2012-07-29 00:40 | モチーフは花 | Comments(0)