野道山~三ツヶ峰 やぶこぎ縦走 (二)


下山は三ツヶ峰への縦走路を通って下ることに。
 昼食後,エネルギー充填も済み体はすこし重たくなったものリュックは軽くなり,
メンバー全員元気に縦走路を歩きはじめました。


e0110940_22295812.jpg


事前に調べたガイドブックやネット情報では この縦走路は数年前に切り開かれ
快適な尾根歩きを楽しめる道になっているとのことでした。。
しかし 歩き始めてすぐに その爽快な縦走路はどこ?どこ?というほどの笹が生い茂った“クマザサの藪”が出現。笹の葉を両手で押し分け押し分け、(笹薮に隠れてしまっていましたがたしかに道は切り開かれていました。)まるで笹の葉プールを平泳ぎで泳ぐように前進しました。


e0110940_22302329.jpg



e0110940_22304474.jpg


くもの巣をはらい、蜂をよけ、足下の切り株につまずいたり、 全員へとへとになりながら、三ツヶ峰頂上への分岐のところまでたどりつきまました。標識の80分を大幅に越えて二時間かかりました。 秋の日は早く暮れますので三ツヶ峰頂上はまた次回単山登山の時ということで分岐よりすぐ下山することしました。
三ツヶ峰は佐波川源流発生の山です。小さな滝や沢をわたりながら下山。麓三ツヶ峰登山口についた時の皆さん(もちろん私も)ホッとした顔、でも笑顔でした。

e0110940_22314424.jpg


e0110940_22365666.jpg

キバナアオギリ
e0110940_22342370.jpg


e0110940_2243990.jpg



e0110940_22442248.jpg


おもわぬクマザサ藪こぎでハードな今回の山ハイクでしたが,
振り返るとなかなか面白い体験だったなと、 満足感でいっぱい。(反省点も多々ありますが)
急登場所ではクマザサを両手でしっかり捕まえ体を引っ張りあげるように またくだり坂はおなじく両手でササをにぎりすべるようにと(藪こぎには杖はすこし邪魔でした)だんだんと要領もつかめて進むことができました。
それにしてもクマザサのたくましさにはおどろきです。藪こぎ最後にはクマザサに愛着さえ湧いてきました。

山は楽しいですね。まだまだ紅葉には早いようでしたが 来月十方山はどうでしょうか。ワクワクです


人気blogランキングへ
に参加してみました。

クリック ↑ してみてくださいませ。


山口ブログにも参加しました ↑クリックして応援してくださいね
Commented by ネズミ at 2008-10-28 21:28 x
パンダの好物クマザサは人間に邪魔なものなのか?いや役にたったようですね、笹団子、笹飴、ちまき、笹寿司などに用いられいます。笹茶など健康食品にもなっています。
by machiko11m | 2008-10-21 22:39 | 里山ハイク | Comments(1)

ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M