ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

レモンを使ったアレンジメント


7月のアレンジメント作品です。
花材はダリア マリーゴールド トルコキキョウ カーネーション スモークツリーなどです。
今回花材の一つにレモンを使いました。半分に切ったレモンから香りが広がります。
トパアズいろの香気です。



私の手からとつた一つのレモンを
あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ
トパアズいろの香気が立つ

                             高村光太郎 「智恵子抄」 レモン哀歌

e0110940_2218532.jpg


e0110940_22161091.jpg


e0110940_22175697.jpg



人気blogランキングへ
に参加してみました。

クリック ↑ してみてくださいませ。


山口ブログにも参加しました ↑クリックして応援してくださいね
Commented by かど721 at 2008-07-09 11:12 x
初めまして。周南市在住の女性です。

凄く素敵なアレンジメントの数々、にうっとりと拝見させて頂きました。私も、アレンジメントを習いに言っていますが…(_ _;)
こんな素敵なアレンジメントをされる先生の教室に行きたかったです。
お花が大好きなので、又、ちょくちょく拝見させて頂きます。
山口ブログ応援していきます☆
Commented by ギャル猫 at 2008-07-09 22:48 x
檸檬といえば梶井基次郎を思い出します。
寺町の果物屋さんはまだありますよね。

Commented by machiko11m at 2008-07-10 02:19
>かど721様 コメントありがとうございました。 私のアレンジメント歴は10年ぐらいになるでしょうか 何事にもあきっぽいのになぜかアレンジメント教室だけは続けています。教えてくださっている先生のご指導のおかげとやはりかど様とおなじくお花が大好きだからでしょう。これからも載せていきますのでのぞいてくださいませ。
また かど様のブログも拝見させていただきますね。(お気に入りブックマークに入れました)
Commented by machiko11m at 2008-07-10 07:55
>ぎゃる猫様 梶井基次郎の「檸檬」は短い作品ながらレモンの黄色のような鮮やかな心に残る作品ですよね。

京都の寺町二条の果物屋さん[八百卯」の店先には今もレモンがかならべられてありますよ。

いったい私はあの檸檬が好きだ。レモンエロウの絵具をチューブから搾り出して固めたようなあの単純な色も、それからあの丈(たけ)の詰まった紡錘形の恰好(かっこう)も。――

やっとそれはでき上がった。そして軽く跳りあがる心を制しながら、その城壁の頂きに恐る恐る檸檬(れもん)を据えつけた。そしてそれは上出来だった。
 見わたすと、その檸檬の色彩はガチャガチャした色の階調をひっそりと紡錘形の身体の中へ吸収してしまって、カーンと冴えかえっていた。  「檸檬」より
Commented by basso at 2008-07-10 09:40 x
おお~、レモンをあしらうなんて大胆(笑)、でも清涼感たっぷりで
とてもいいと思います。
Commented by トムパパ at 2008-07-10 23:06 x
レモンと云えば初恋の味古い人間です。
Commented by machiko11m at 2008-07-11 02:59
>basso様 はじめましてコメントありがとうございます。 アレンジメントで 姫リンゴや ベリーなどはよく使いますが 檸檬は今回のアレンジで初めて使いました。黄色のオブジェ レモン 
 気にいっていただけて嬉しいです。
Commented by machiko11m at 2008-07-11 09:12
>トムパパ様 カルピスではないのですか? トムパパ様の初恋は甘酸っぱいを通り越して酸っぱいものだったのですね。
by machiko11m | 2008-07-08 22:20 | アレンジメント教室作品 | Comments(8)