ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

夏の和菓子 葛焼き (末富)

お茶関係の講演会で 京都の老舗菓子屋の『末富』のご主人のお話を聞きました。 講演の前のお茶席でお薄と末富の季節の生菓子「葛焼き」をいただきました。

お菓子好きのタキシード猫さんも一緒で興味深そうに講演を聞いてました。もちろんお茶とお菓子は美味しくいただいてました。


「葛焼き」は葛に餡を混ぜ込んだもので、長方形に切り分けたその切り口と肌の焼き色を見るという茶味の豊かなお菓子です。食感は外郎よりはすこし固めですがほどよいやわらかさ 上品な甘みが爽やかです。


e0110940_853161.jpg



和菓子の姿形や名前には日本の四季の変化や感性を写し取ったものがおおく 日本文化 美意識をを伝えてくれる美味しいメッセンジャー。材料の小豆 葛 寒天 自然薯 など健康にもいいですね。ケーキもいいけど和菓子もね!
Commented by カクテル at 2007-06-26 10:45 x
茶道は分かりませんが和菓子はつきものですね、菓子を先に食べてお抹茶を飲むのですか?甘い菓子を食べて抹茶を飲む。この順序に何か意味があるのでしょうか?
Commented by 小泉 at 2007-06-26 12:40 x
このような和菓子は心が落ち着いて安らかでないと、有り難味みがわからないでしょうね。
Commented by machiko11m at 2007-06-26 22:23
>カクテル様 お茶もお菓子も ともに客人を 『もてなす』時に供されます。 お茶が苦いので甘いものを先に食べるということではないそうですよ。
by machiko11m | 2007-06-25 08:53 | 季節の植物 | Comments(3)