The Last Rose of Summer

灼熱残暑に負けじと咲くバラ ベルベットレッドの オマージュ・ア・バルバラです。
夏の名残りバラというよりタフ感いっぱいの薔薇です。

e0110940_2151011.jpg



日本では「庭の千草」として知られている アイルランドの民謡 「夏の名残の薔薇」『The Last Rose of Summer』

 
初夏咲き誇っていた薔薇も散り、今は枯れた庭に過ぎ行く夏を惜しむかのようにただ一輪咲いていたバラ
 
(庭の千草ではバラではなく白菊になっていますので、微妙に雰囲気がちがう感じです)


美しいメロディーと詩

メンデルスゾーン のピアノ曲 「夏の名残のばら」による幻想曲 ホ長調はこの曲が基になっています。

また チェコのヴァイオリニスト兼作曲家のエルンストの「夏の名残のばら」も有名です。
YouTubeで探したら五嶋みどりの演奏がありましたので貼り付けておきます。
なんとエレガントな名残りバラでしょうか、、。




Commented by tonton at 2013-08-17 21:43 x
ご紹介いただいた2曲、聴かせていただきました^^
共に美しい旋律♪ですね、些か切なくもありますが…。

今年は残暑がとても厳しく身体に応えますね。
machikoさま~どうぞご自愛くださいませ^^
Commented by machiko11m at 2013-08-18 22:33
>トントン様 立秋はすぎましたが、秋きぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる ... の風情にはなかなかなれない今年の暑さ いつまで続くのでしょう せめて美しい曲で暑さしのぎを
トントン様もお気をつけくださいね。
by machiko11m | 2013-08-17 21:12 | バラ | Comments(2)

ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M