ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

蝋梅

来年にはお庭の整理をされるというお茶の先生から
今年でこの木も見納めだからと
蠟梅の枝を切っていただきました。
黄葉が残っていますが、蕾もたくさん。
大きな器のない我が家です。
まずは 庭先のツボ(めだか鉢)に

e0110940_10171126.jpg



臘梅や世は混沌のままなるに   後藤昌治

今年も残すことあと7日 さて今日からぼちぼちはじめますか まずは年賀状書きですね。
Commented by サギソウ at 2011-12-24 11:32 x
現代俳句協会と云うのがあるのですね、昭和22に出来たそうですが、俳句を知らない者は全然しりませんでした。現代俳句コラムに「ペンギンと共に師走を肱二つ」と云う句がありました。ドゥーグル・J・リンズィー作外人さんです。人鳥(ペンギン)のように生きた海洋生物を句材に用いられた俳句が非常に少ないので、句作の未開拓地であり、大きなチャンスとして考えるべきであろう。Mさんいかがですか。?
Commented by 小泉 at 2011-12-25 08:17 x
なになにもう蝋梅ですか。まだイチョウの葉っぱが残っていますよ。季節が混沌としてますね。それにしても一年が早い。 ぎんなん葉 わが身とおなじ しがみつき
Commented by machiko11m at 2011-12-25 22:48
>小泉様 世の中混沌 季節も混沌ですか、、、 混沌の中でもがいてください。 なにかがつかめるかもしれませんよ。
Commented by machiko11m at 2011-12-25 22:53
>サギソウ様 確かに海洋生物を句材にした句はあまりありませんね。
さがしてみましょう。
by machiko11m | 2011-12-24 10:19 | 季節の植物 | Comments(4)