萩往還ウォーキング (二) 一升谷~ 明木~萩城跡ゴール

佐々並エイドで一息いれて次の明木エイドをめざします。
国道262号 釿切(ちょうのぎり)峠をこえて「一升谷」に入ります。
およそ3キロ、長い坂が続きます。
「一升谷」の名前は
この坂道にとりかかって豆を食べ始めると登りきるまでに一升なくなるということに由来します。


e0110940_21543862.jpg

緩やかな下り坂(萩からだと上り坂でかなりの道のりです)です。まだまだ余裕があります。
e0110940_0463667.jpg


小さな川が道に沿って流れています。
e0110940_047817.jpg
<

白い花が爽やかです。
e0110940_0473629.jpg



e0110940_048129.jpg


明木エイドで昼食 長く休息をとると腰があがらなくなってしまいそうだったので 
わずか10分の明木滞在で次のエイドの萩往還料金所に出発。
I氏はここでリタイアです。初参加初挑戦立派でした。

明木橋を渡って川沿いの田園道を行きます。
おおきな桐の木に出会いました。
e0110940_0483634.jpg


遠くから見ると山藤のようですが花は全然ちがいます。
e0110940_0485249.jpg


山藤もきれいです。
e0110940_0491045.jpg



最後の上り坂 悴坂隧道、 けっこう急な山道で疲れもピークに。鹿背隧道トンネルはこの下をとおります。明治中期に作られたレンガのトンネルです。
e0110940_0493660.jpg



e0110940_0495078.jpg


道の駅「萩往還公園」のエイドにたちより いよいよ萩市内へ。
涙松
e0110940_0503090.jpg



e0110940_2214656.jpg

萩のシンボル夏みかん 白い花が咲いています。
e0110940_23393664.jpg


e0110940_051328.jpg



e0110940_0515269.jpg




人気blogランキングへ
に参加してみました。

クリック ↑ してみてくださいませ。


山口ブログにも参加しました ↑クリックして応援してください
Commented by うえねっと at 2009-05-07 08:44 x
萩往還の写真を楽しく拝見しました♪完踏おつかれさまでした。
数年前に東ほうべん山に登った時、萩往還を少し歩いて
いつか萩まで歩いてみたいなぁと思っていました。
その時には「石畳は登山靴ではすべるから、当時のまま
ワラジで歩こうか」なんて話していました(笑)
完踏証と一緒に写っている木は、ストックか何かですか?
Commented by 捨て猫 at 2009-05-08 19:58 x
昔の人は粗末な食事で、萩往還を行き来していたのでしょうけど、体力をどのようにして付けていたのでしょうか。もちろん現在のような交通機関はない訳ですから、日頃の生活で自然と歩く体力は付くのでしょうが、私も日頃の生活の大切さを感じさせられました。
Commented by ウインナー at 2009-05-09 18:15 x
気合を入れて挑戦されましたね。気力を込めて頑張ると免疫力が増すそうです。ただし出典は不明。
Commented by machiko11m at 2009-05-09 21:46
>うえねっと様 今回の萩往還ウォーキングは二回目5年ぶりの参加です。初参加の時はきつくてきつくて萩往還のなんたるかを知るゆとりなどありませんでしたが 今回はすこし歴史の勉強?しながら歩くことができました。
ウォーキングの部はファミリーや仲良しグループの参加も多くみかけられました。うえねっとさんもファミリーで参加されてくださいね。
完踏証の横にあるのは完踏記念品の萩往還道標レプリカです。
記念にはなりますが さて何に使ったらいいでしょう。キーホルダーにはすこしおおきすぎるし 考え中です。
by machiko11m | 2009-05-07 00:58 | 里山ハイク | Comments(4)

ガーデニング 里山歩き フラワーアレンジメントなど花に囲まれて過ごす日々の記録です。  


by M